スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロード・オブ・ザ・リング王の帰還を見て
2005/05/17(Tue)
やっと見ました。王の帰還。長かったですぅ・・・。レンタルで長いバージョンの方を借りたので4時間ありました。途中でやむなく一時停止して用事を済ませたり、急に親戚が来て間に何時間もブッチリと途絶えてしまい、ええっと・・・何の話だっけ??とか思いながら見続けました(笑) 今回はあらすじを書くと、とぉ~~っても長くなるので、止めときます(笑)

ゴラムが何故リングを手に入れたのか、という場面で始まるのですが、最初に川の底から拾ったのはゴラムじゃなかったんですね。そして一人ぼっちになった理由も、結局は村八分ということだったのね。う~~ん、一瞬で心に捕り付く恐るべし指輪の魔力!それだけゴラムが弱い人間(?)だったってことなんだろうけど、普通はそんなもんだよね~。

そして、第二部よりも戦うシーンが少なかったので良かったです。メリーとピピンの顔の違いが最後までよくわからなくて、どっちがどっちだか未だにアヤシイんですけどね(苦笑) 第2部の時にちゃんと逃げられるのか心配していた木の番人のエント達は、水浸しにした塔の周りを黙々と作業してたんですね(笑) メリーとピピンったらお酒飲んでタバコを吸ってる場合じゃないでしょ!何か手伝ってあげればぁ~?って感じですが・・・(笑) そして、彼らのところにガンダルフとアラゴルン、レゴラス、ギムリの四人が到着した後、塔の上にいるサルマンと対決するシーンは魔法使い同士だからなのか、とっても空中戦でしたね。本人たちが戦うと言うよりも、気迫の強さ比べになっていたと思います。

レスリングの選手やボクサーなどが、戦う前に相手の目を見たりちょっと組めば自分より相手が強いのか弱いのかが分かってしまうと言っているのを聞いたことがありますが、ガンダルフの様子は正にそんな感じなのでしょうね。あまりにもあっけなくサルマンが倒されてしまうので、ホントは魔法使いって具体的な武力になるような魔法とかあんまり使えないんじゃ??な~んて思ったぐらいです(笑) 呪文を唱えてすごい戦いをするのかとちょっと期待したんですけど、まぁドラクエとかFFじゃないんだからそんなことにはならないんですね(苦笑)

大きなクモはとってもキモイですぅ・・・。光に弱いってことは、オークの仲間なんでしょうかね?なんでゴラムは食べられちゃわないんだろう?「おばさん」でしたっけ?なんか親類っぽい雰囲気のことを言ってましたよね。でも、話が出来る雰囲気じゃないっぽいのにどうやって会話してたんだろう??

エオウィンは強かったですね~!かなりビックリ。戦い方もすごいです。強すぎ!ガンダルフとやりあってる最強の魔王と戦ってもあっけなく勝っちゃうなんて、えぇ~!?って感じです。というか、ホントは魔王が弱いの?(笑) そして、変わり身も早いです、ホント(笑) アラゴルンが好きだったんだよねぇ?なぜなぜ??あの一瞬でファラミアとくっついてしまうなんて、私はあっけにとられましたよぉ・・・。どっちかというと、エオメルとくっついてもよかったんじゃ?

二つの塔でもやってたレゴラスとギムリの人数対決に、アラゴルンも参加してたのね(笑)結局誰が一番なのかな?レゴラスは巨大な象に乗ってる敵を大量に倒してるから、人数的には一番なのかな?だけど、ギムリが全部で1人だからって言ってたし・・・(笑) そうそう、巨大な象にレゴラスが登って倒すところのCGはちょっともったいないと思いました。飛び乗ったり、ヒョイヒョイっていう動きがあまりにもCGゲームチックで他の映像美があれだけ素晴らしいのに見劣りします。

サムがフロド担ぎ上げる所は大迫力でしたね。「指輪の重荷は背負えないけど、あなたは背負える」って言った時はジ~ンときました。今回はサムが大活躍です!とてもヘトヘトだったとは思えません。ヘトヘトつながりで言えば、フロドを担いだサムをゴラムが襲った時、フロドがあっという間に滅びの山の入り口へ入って行ったのが不思議。さっきまで自分で歩けなくてサムに担がれてたじゃ~ん!(笑)

フロドが疑心暗鬼になってしまうのは指輪の魔力のせいでしょうかね?最後の最後に指輪に心を支配されてしまう所もコワイですね~。ここまで耐えられたのはホビットだったからなんでしょうか?指輪の最後のアガキだったんですね、きっと。火の近くに行ったから力が増したのかな?ゴラムは完璧にもう一人の指輪に魅せられたゴラムに負けちゃったんですね。悲しい。。。結局救って上げることはできなかったのね。その後、サムとフロドがドロドロの溶岩に囲まれてるけど、暑くないのかな?あれだけの量で囲まれたら、普通は暑いの一言があってもいいと思うんだけど・・・。不安感とか全然漂わなかったし、責任を果たして疲れてグッタリな雰囲気だけでしたね。

ピピンとアラゴルンの歌声には驚きました!!二人共とってもうまいのね~!ピピンは澄んだ真っ直ぐな声だし、アラゴルンはシブイわ!セクシーだわ!そして、ガンダルフが目を開けて寝てたのは笑っちゃいましたよ~!瞬きしながら寝てるのかな?(笑)

今回、フロドの心の葛藤がもっとあっても良かったような気がします。ただただ弱くなっていくだけに見えて、ちょっと頼りなかったサムがあんなにヒーローっぽく強くなっているのに、これでいいのかなぁ?と見ながら疑問に思いました。それと、敵の倒され方がいつも呆気無いので、もっとドラマティックに戦って欲しかったなぁ・・・。

アラゴルンは本当にヒーローですね。門の前で「俺は信じない!」と断言し、囲まれた敵の前で「フロドのために!」っていう迷いの無い言葉。心を打ちます。王になる自覚がはっきりとすればするほど、彼は目に見えて自信と揺るぎない心があふれ出てきていて、いつもみんなのしぼみかけてしまう勇気を奮い立たせてくれますよね。彼が王なら大丈夫。と誰もが安心できるオーラが出てます。

映画で、後日談をこんなに丁寧に書くのは珍しいですよね。シャイアの人々は、生きるか死ぬかの大変な事態になっていたのに全然知らないんですかね?(笑) フロドの心臓辺りの傷が痛むっていうのは、いつのどの時のケガだったんだろう?忘れちゃったけど気になる・・・。第一部でナズグルに射された時のキズ?それと、傷が癒えないからガンダルフやエルロンドと一緒に行くって言うのがよくわからなかった。体のキズと心の傷と両方あるのは分かるけど、どうして行っちゃうの?というか、どこへ行くの?

この映画は友情の素晴らしさ、勇気を持つことの大切さ、思いやりや誠実な心を訴えていると思いました。テレビシリーズとかで、もっと詳しくやるっていうのはどうなんでしょうね?戦いのシーンとかはムリでしょうけど、個人個人の心の葛藤などをもっと深く見ることが出来ると思うのですが・・・。アメリカのテレビ会社とかで作ってくれないかなぁ・・・。

 ↓ 応援していただけると嬉しいです!!
人気blogランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画・ビデオのこと | CM(6) | TB(3) | ▲ top
<<庭の草花 5月18日 | メイン | フルーツゼリーとカクテルゼリー>>
コメント
-  -
こんばんわ!
以前、『ヴァン・ヘルシング』でTBさせていただきましたりくです。
『王の帰還』ではないのですが、指輪つながりでTBさせて頂きました。

私もヴィゴ・モーテンセンとビリー・ボイドの歌声の美しさにはびっくりしました。
アラゴルンにはもう腰砕け(笑)
『王の帰還』は非の打ち所がないくらいすごい映画ですよね。

2005/05/17 23:41  | URL | りく #-[ 編集]
-  -
☆りくさん
トラバ、ありがとうございます!
そうなんですよぉ~、二人共上手くてビックリでした。
アラゴルンは、まさか歌いだすとは思わなかったので
えぇ~??って感じでしたが、凛々しいし威厳もあるし
ミュージカルの一場面みたいでしたね~(^^)
旅の仲間の感想がとってもおもしろかったので
二つの塔と王の帰還の感想をぜひ書いてくださいね!
楽しみに待ってま~す!!
2005/05/18 03:19  | URL | 紫苑 #-[ 編集]
-  -
僕はロード・オブ・ザ・リングの2部が好きでした。1部は寝そうだったし、3部はその中間って感じでした。
人によって捕らえ方が違うので面白いですね。
GON
2005/05/19 05:55  | URL | GON #-[ 編集]
-  -
☆GONさん
この作品って、本当に人によって印象が全然違うみたいですね。私はおとぎ話とか大好きなので、空想の世界を映像で具体的に表現してくれた気がして面白かったです(^^) 2部は肉弾戦が多くて、私的にはちょっとキツかったかなぁ・・・(^^ゞ 違う意見の感想を読むと、冷静に考えることができるし、面白いですよね~(^^)
2005/05/20 03:08  | URL | 紫苑 #-[ 編集]
-  -
こんばんわ!
『旅の仲間』のレビューが全編通して完了いたしましたので、TBさせて頂きました。
よかったら、またお越しください。
2005/05/26 00:04  | URL | りく #-[ 編集]
-  -
☆りくさん
キャァ~!!ほんとーですかぁ~!?
わ~いわ~い!楽しみ~♪ぜひぜひ
お伺いさせていただきますね!!
お知らせいただいてありがとうございま~す!
2005/05/26 01:57  | URL | 紫苑 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://edomurasaki.blog7.fc2.com/tb.php/45-4baa82e3

DVDをホームシアターで(ロードオブザリング 王の帰還編)
ロードオブザリング・の帰還の音響レビューです。 三部作の完結編です。 二つの塔に続いて戦争シーンが多い作品です。 像っぽい化け物が大暴れ。それに向かっていくエオウィンとメリーが象さんの足元で大暴れ。 象の泣き声と足音が戦場の声に混じって地鳴りのように響き. …
2005/05/30 16:45  AV初心者のホームシアターレビュー
『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』 中編
the Lord of the Rings― Special Extended Editionイライジャ・ウッド/イアン・マッケラン/ リヴ・タイラー /ケイト・ブランシェットポニーキャニオン 2002-12-04 by G-Toolsはい、『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』の中編レビューへ参ります。またしても長くなるか …
2005/05/25 23:56  C L O C K S :
『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』 前編
the Lord of the Rings― Special Extended Editionイライジャ・ウッド/イアン・マッケラン/ リヴ・タイラー /ケイト・ブランシェットポニーキャニオン 2002-12-04 by G-Tools私が映画に興味を持つようになったのは、この作品がきっかけでした。でもそんときはもう王様帰っ …
2005/05/17 23:35  C L O C K S :
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。