スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ヤブミョウガ(藪茗荷)の白い花・青い実
2007/10/20(Sat)
ガーデニング ヤブミョウガ 藪茗荷 白い花


毎年、8月になると白くて小さな花がバラの鉢に咲きます。「ネコの額」と言っている小さな我が家の庭では鉢だってゆったりと植えたりしません(笑) 一つの鉢に一種類の花だけが植わっているなんてありえないんです。特にバラが植えてある鉢は大きいので、根元には先日ご紹介したシュウカイドウやツユクサ、オキザリスなどが季節毎に咲いています。そして、この白い花が毎年咲いていたけれど、なんと言う名前なのかずっと分からなかったんです。そうしたら、ヤブミョウガ(藪茗荷)だということを教えていただきました。ヤブミョウガということは、日本の花なんでしょうね~。花茎には葉が無くて、咲き方は少しダンギクに似ています。こんなに真っ白でかわいい花なのに、ヤブ?ミョウガ??ヤブに咲くミョウガ?そんなわけないかぁ・・・(笑)

ガーデニング ヤブミョウガ 藪茗荷 青い実


そして、花が終わるとツヤツヤとした青い実をつけます。この深い群青色のような実の色が本当にステキ♪ 花自体は5mm程度と小さいし、夏なのでうっかりすると他のリーフたちの陰に隠れてほとんど見えないこともありますが、秋になって庭が落ち着いてくる頃にプチプチと青い実が出来ているのを見ると、本当にキレイだな~って思います。一緒に写っているトゲトケの茎はバラのふれ太鼓の茎です。一つの鉢にあれこれ植えてあるって言うのが分かりやすいかしら?(笑) 先ほどの花の写真にもこちらの実の写真にもシュウカイドウの葉が写っていますね。ヤブミョウガは毎年二つか三つの花茎が出てきます。この青い実は種なのかどうか分かりません。だって全然増えないんだもの(笑)秋が深まって、草花がなくなる頃まで青くてプチプチした実を楽しむことが出来ます。先日ご紹介したコムラサキシキブやヤブミョウガの実など、秋になると色とりどりの実がなって楽しいですね~♪

↓ ヤブミョウガ(藪茗荷)って言うんだね~ と思ったら一日一回ポチッと応援してくださいね♪
⇒⇒人気blogランキング
       ありがとうございます!励みになります♪

トップページに戻る
スポンサーサイト
この記事のURL | お花のこと 2007 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<ツタの白い花 | メイン | リコリス(ヒガンバナ 彼岸花)>>
コメント
-  -
きれいな青い実ですね。
お花は清楚な白いお花んですね!

今年は、外を歩いていると彼岸花がよく目に付きました。
それも黄色のようなクリーム色やピンクが…
今まで赤しか見たことがなかったので
どこから来たんだろうと不思議でした。
鳥が運んできたのでしょうか?

ピンクは少し時期が早い9月頃でしたけど
とってもかわいいピンク色でした(^^)
2007/10/20 22:50  | URL | バニラプリン。 #-[ 編集]
- コメントありがとうございます♪ -
☆バニラプリンさん
花は白いのに実がこんなに青いなんて不思議ですよね~(^^)
昔のイメージだとヒガンバナと言えば赤だけだったのに、最近は
品種改良されたのかいろんな色があるんですね~。ピンク色は
まだ見たことが無いです。かわいいでしょうね♪
野原でも見かける花なので、きっと鳥が運んでくれるんじゃ
ないかなぁ?田舎だとあちこちで普通に見かけますしね~。
2007/10/21 16:51  | URL | 紫苑 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://edomurasaki.blog7.fc2.com/tb.php/390-daa4c9d0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。