スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
世界らん展日本大賞ー7
2007/03/05(Mon)
20070305211646.jpg


今日は「世界らん展日本大賞2007」 その7です(^^) 白い花びらの先端だけが緑色に染まって、“ポンポン”のような球体で咲いているなんて珍しい形の蘭ですよね♪たぶんこの一鉢だけしか展示が無かったと思います。球体の大きさは6~7cmくらいで、一つ一つの花は1cmくらいしかありません。

20070305211658.jpg


青系の色の蘭です。二つとも力強く咲いていて、雰囲気が似ていますよね。ちょっとずつ違うんですけれど、真っ白の花びらの中に少しだけ青や紫が入ると、ぐっと大人っぽい印象になると思いませんか?

20070305211714.jpg


ディスプレーの中には、野原を再現したような空間を作っていらっしゃるところもあれば、一つの村を縮尺して再現した空間を作っていらっしゃるところもありました。右側のディスプレーの中に小さなおばぁさんがいるのがわかりますか?全体としては白川郷のような雰囲気で、山里を思い起こさせます。

20070305211729.jpg


そして、今回ちょっと面白いディスプレーを発見してしまいました。左側の奥に、見ザル、言わザル、聞かザルがいるのが分かりますか?日光の風景を表現しているようです。そしてもう一つ。私と同じ漢字を使ったところのディスプレーです(笑) 自分と同じ名前が大きく書かれた看板を見つけた時はかなりオドロキましたけど、こちらは「シエン」と読むようですね。ちなみに、私の読み方は「シオン」です。

20070305211745.jpg


シリーズとして世界らん展の写真をずっとご紹介してきましたが、今回で最後です。蘭の花と一口に言っても色も形も様々で、本当に奥が深いと思いました。パッと見、蘭だとは分からないような形の花も多く、もし他の種類の花の中で見たら絶対に蘭の花だとは気づかなかったでしょう。ディスプレーも作り手の思いが伝わってきて、いつまでもずっと眺めていたいと思わせるステキな空間がたくさんありました。また来年の開催を楽しみにしたいと思います♪

↓ たくさんの種類の蘭が見れたね~ と思ったら一日一回ワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 世界らん展 2007 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お雛様の飾り | メイン | 世界らん展日本大賞ー6>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://edomurasaki.blog7.fc2.com/tb.php/241-18c4bfd4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。