スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
鬼は外♪福は内♪
2007/02/04(Sun)
みなさんは節分の豆まきをされましたか?子供の頃はとっても楽しいイベントの一つでした。居間や自分達の部屋以外にも、それこそお風呂場からトイレから全部の部屋を家族みんなで周って窓を開けて「オニは~外!福は~内!」って大きな声で豆を投げていました。普段は「こぼしちゃいけません!散らかさないようにしなさい!」って叱られてばかりでも、この日ばかりはおおっぴらに豆を家中に投げ散らかすことが出来るんですもの(笑)

大人になってからも、それでもまめまきはずっと続けています。数粒を窓を開けてパラパラっと撒く程度ですけれどね。最近はご近所から豆まきの声が聞こえてこなくなりましたね~。幼稚園や小学生がいらっしゃる家もあるのに、みなさんどうしていらっしゃるのかしら・・・?今年の我が家の豆まきは普段と同じですが、親戚から珍しいお豆を頂きました。

20070204155921.jpg


こちらがオニのおめんがついたお豆さん。

20070204155932.jpg


こちらがふくのおめんがついたお豆さん。

このお豆は撒くものではなく食べる為の豆です。普段はこんなお豆は売っていないので、この時期だけの限定商品ですね(^^) 自分の家で撒く為に買うのなら普通の袋詰のもので十分だけれど、ちょっとしたおみやげにはピッタリですよね♪ 手のひらサイズでかわいいので、しばらくの間飾っておこうと思います。 近所のおせんべい屋さんでもお面のついた豆を売っていますが、もっと大きくて「使い終わったらこのお面はどうしたらいいの??」っていう感じなので買ったことがありません(苦笑) 

そして、子供の頃のもう一つのイベントと言えば、全部屋の豆まきをした後のお菓子の争奪戦です。家族みんなで居間に集まって、小袋のお菓子を豆まきと同じようにバラバラと撒いて「ワ~!キャ~!」と言いながら、どれだけたくさん取るか競争するんです。お菓子は一個ずつ包まれているチョコレートやキャンディー、おせんべい、クッキーなどいろいろあって、一つでも多く欲しいからテーブルの下やクッションの中に隠れてしまったお菓子を一生懸命探したものです(笑) 最後にみんなでどれだけ拾ったか自慢しあいながら、「じゃぁ、これがいっぱいあるから、こっちのお菓子を頂戴。」とか「イチゴ味のアメをあげるからメロン味と交換して」とか、それぞれが欲しいものをトレードしたりして・・・(笑) 

お菓子の交換会の後は、お茶を飲みながら自分の歳の数の豆を食べます。この時、手の感覚だけで自分の歳の数の豆を取って数えるんです。「ピッタリの数が取れたら、その歳はきっと良いことがある」っていうのをどこかで聞いてから毎年やっています。それぞれが取ったらみんなで一粒ずつ数えます。「あ~!今年は2コ多かったぁ~!」とか「う~~ん、4コ少なかった」とか、子供よりも数の多い大人の方が難しいんです(笑) 私は何度かピッタリの数を当てたことがあり、ピッタリ賞の人は家族中から拍手喝采でしたよ~(笑)

↓ 鬼も退散!!だね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<Bunkamura ティアラ展を見て | メイン | ゴマ風味サラダそうめん>>
コメント
- 素敵な思い出ですね -
 節分にまつわるとっても楽しい思い出がお有りなのですね。人はどれだけ美しい思い出を心に暖めているかで、人生も美しく生きられますよね。
 私もお寺さんから(在英の)豆まきのご招待を受けていたのですが、今年はうかがえませんでした。英人を中心に120人余あつまったそうです。
 自宅では、オーブンで豆をローストして、歳の数以上にいただきました。
ア、それからお面の写真が大変鮮やかで、すばらしいですね。
2007/02/05 05:10  | URL | はなあかり #gy/qpaFs[ 編集]
-  -
はなあかりさん
子供の頃の思い出って、なんだかとっても
キラキラしていますよね(^^)
お寺での豆まきは私も行ったことが無いんです。
テレビでは毎年ニュースに出てくるけれど
近くにお寺が無いから余計に行かないのかも・・(苦笑)
それにしても、イギリスの方には鬼ってどんな風に
理解されているのかしら?
悪魔とはまた違った雰囲気ですものね。
写真のお面は、たぶんプラスチックで出来た
物だと思うんです。手のひらサイズで
ちょっと飾るにはピッタリの大きさです(^^)
2007/02/10 16:09  | URL | 紫苑 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://edomurasaki.blog7.fc2.com/tb.php/218-ff4853c9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。