スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
すずめの子供
2006/08/30(Wed)
20060913181108.jpg


先日、我が家でちょっとした事件がありました。事件って言っても、そんなに大したことは無いんですけれど・・・(笑)

我が家の裏庭はミョウガ畑になっているんです。畑と言っても何も手入れはしていないんですけれど、ここ数年は毎年夏になるとミョウガがたくさん取れるようになったんです。そして、先日母がミョウガを取っていた時の話なんです。ミョウガの葉って胸くらいまでの高さに成長するので、それを掻き分けながら土から顔を出すミョウガの芽を取るんです

母がふと気が付くと、どういうわけかミョウガの根元に小さなすずめの子供が落ちていたんです。とくに鳴くでもなく、逃げ出すでもなく、じっとしていたらしいんです。母は驚いて上を見上げても巣らしきものは見当たらないので、いったいどこから来たんだろうと思いつつも 「かわいそうなのでそっとミョウガを入れていたカゴに乗せてみたけれど逃げ出さないから連れてきた」 と言っていました。

私もビックリして見てみたら、本当に小さくてまだ巣立ちにはちょっと早いんじゃないかと思うくらいでした。親を呼んで鳴くでもなく、じ~~~っとしているだけなので「このままだと死んじゃうよねぇ?」と話していました。どうして良いのか分からなかったので役所に問い合わせた所、「グッタリしているようならポカリスエットを飲ませて元の場所に戻せば親が迎えに行きます」 とのことだったので、大慌てでポカリスエットを用意したら少し飲みました。

「ホントに親が来ても帰れるのかねぇ??」 と言いながらも、このままにしているわけにもいかないので裏庭に戻してきました。近所には野良猫もいるので、もしもネコに見つかったらかわいそうだし・・・とみんなで心配していると、すずめがチュンチュン鳴いている声が聞こえてきました。そして、子供のすずめも鳴いている声も聞こえてきたんです。「うわ~~、本当に親が迎えに来た!!」とみんなで喜んでいると、しばらくの間鳴き声が聞こえていたのに、急に聞こえなくなってしまいました。心配になって母がそっと様子を見に行って見たら、「子供もいないし親も見当たらない」と言いながら戻ってきました。

「たぶん親と一緒に帰って行ったんだね~、よかったよかった。」と言いながら、みんなそれぞれ手を止めていた自分のことを始めました。でも、滅多に無い我が家の大事件だったので、その日の夕食は小さなすずめの話題でもちきりでしたよ(笑)

↓ すずめの子ってかわいいね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
→人気blogランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<夏の思い出 岡本太郎 | メイン | 夏の思い出 新潟>>
コメント
- いつもありがとう! -
たくさんの思い出の中で、雀のできごとをほほえましく拝見しました。
親と泣き合っていっしょに戻っていったのですね。
よかったですねぇ^^**
2006/09/20 19:04  | URL | tablemei #uAFfIVDc[ 編集]
-  -
そうなんですよ~、ホント良かったぁ!って
感じでした(^^) 近所に緑が多いことも
あって、良くいろんな種類の鳥が来るんですけど
こんな大事件は初めてでした(笑)
2006/09/21 13:51  | URL | 紫苑 #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://edomurasaki.blog7.fc2.com/tb.php/160-f26ce250

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。