スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
庭の草花 4月16日
2005/04/16(Sat)
20050415225619.jpg

東京では月火水と寒い雨が続いていましたが、木曜、金曜と良いお天気になりましたね。庭の草花も一気に春の装いになりました。これは玄関前の花壇に咲いている「おきざりす」です。この花はあちこちに増えていくので、家の前のコンクリートの小さな隙間にも綺麗な花を咲かせています。玄関前の花壇だけでなく、庭の方にもあちこちで咲いています。気をつけないとどんどん増えてしまい、他の花の芽を覆ってしまうので時々間引きします。

3月はこの花壇の同じ場所で水仙が咲いていました。なので写真にも水仙の細長い葉がたくさん写っていますね(^^)水仙の葉の隙間を埋めつくすようなたくさんのピンク色の小さな花を見ると、まるで野原を散歩しているような気がします。小さな虫たちもたくさん遊びに来ていました。写真を撮っている私の手にも休憩をしに来て、「ねぇねぇ、何してるのぉ~?」と言っているようでした(^^)

20050415225638.jpg

先日、日比谷公園に行った時にたくさん咲いていて、遠くから見ると少し地味なのですが近くで見るとすっごく綺麗でお気に入りだぁ~!!と思っていた花が、家でも咲いていました(^^ゞ そういえば、去年も咲いていたんだった・・・。すっかり忘れてました。。。「しゃが」です。私の中のイメージでは、少しサギ草に似ているような気がしているのですがみなさんどう思われますか?

花の大きさは500円玉4~5コ分ぐらいでしょうか。ハデさは無いですが、なんとも気品があってウットリしてしまいます。和風の庭などにはピッタリの花ですね(^^)あやめなどと混ぜてたくさん植えても素敵な庭になりそう♪我が家では日当たりの問題で素焼きの鉢に植えていて、なるべく日のあたる所に置いています。


話は全然飛びますが、みなさん「優しい時間」というドラマはご覧になってましたか?3月に終わりましたが、私は毎週楽しみにしていました。学生の頃は毎週楽しみにしていたドラマが何かしらあったのですが、社会人になってからはどういうわけかほとんど見ませんでした。たまたま生活リズムに合う時間帯にドラマをやっていたら見るぐらいで、欠かさず見たいとは思わなかったんです。自分としては、これは大人になったということなのかしら??なんて勝手に納得していたのですが、何故最近ほとんど見なくなったのかったのかが今回分かりました。

それはドラマが「こちらが考える隙を与えないほど次から次へと説明的に進むから」だったんです。ドラマを見る時、だいたいは出演者の誰かしらに思い入れを持って見ますよね?主人公だったり恋人だったり。その場面に出ている俳優の誰かしらに共感して見るものだと思うのですが、みなさんはいかがですか?でも、最近のドラマってあまりにも懇切丁寧に伝えてくださるので、ただダラダラと受動的に場面展開を目で追っているだけだと思うんです。

「優しい時間」は久々に面白くて、落ち着いてみることが出来るドラマでした。主人公の苦悩、主人公のお父さんの気持ち、主人公の彼女の思い、おばさんの心遣い、お世話になっている窯元の心意気などなど、さすがに脚本家の倉本さんというのはすごい!!って思いました。見る側の想像力を描きたてる「隙間」というか「余裕」というか、受け手が思いを馳せることができるように“決め付けない”のに伝えたいことはしっかり伝わってくるドラマでした。

きっとそのうちレンタルビデオに並ぶと思うので、時間があったらご覧になってください。目先の派手さに惑わされない、暖かくて素敵な物語です(^^)

一日に1回クリックしないといけないそうで・・・。
 ↓ 宜しくお願いします m(_ _)m
人気blogランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<庭の草花 4月17日 | メイン | エターナル・サンシャインを見て>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://edomurasaki.blog7.fc2.com/tb.php/16-f6aee361

小さな花が咲きました。
お花がとてもお好きなんですね。私の家にも小さなお花が咲きました。とても癒されています。 …
2005/04/16 11:41  活け、活け!雲丹子!!
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。