スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゴマ風味サラダそうめん
2007/01/28(Sun)
20070123160829.jpg


ゴマ風味のカンタンに作れちゃうサラダ感覚のそうめんを作りました。これって冬と言うよりは夏に食べたくなる料理なんですけど、調度、ごはんを夕食に炊くつもりだったのでお昼にご飯が無かったんです。何を食べようかなぁ~と思って食品庫をゴソゴソと見ていたら、おそうめんがたくさんあったことに気が付きました。私は普段おそうめん派では無くおそば派なんです。だからおそばが無くなると定期的に買ってストックしています。けれど、おそうめんは頂き物で十分間に合ってしまうくらいで、おそばに比べると食べる回数は半分以下です。

おそうめんって、おかずに困ることありませんか?でも、天ぷらにするとカロリーも高くなるし、材料をそろえたり油を使うのでガス台も汚れてお掃除しなくちゃいけなくなるし・・・。 さっぱりしているから炒め物とかお魚が無いと、食べても満足感が無い気がします。けれど、カンタンに食べたい時にはありあわせの物で済ませてしまうので、食べ終わった後にちょっと物足りなくておやつを食べちゃったり・・・(苦笑) だからカンタンに出来て満足感のある食べ方って無いかなって思っていたんです。

私はもともとゴマ風味が大好き!サラダにも自分でゴマをすってドレッシングを作ったりするくらいです。先日、調度大根のサラダをゴマ風味で作ったら家族に好評でした。そこからヒントを得てゴマ風味のサラダ風そうめんを作ってみようと思いました。材料はただ混ぜるだけで出来てしまうので超カンタンです♪

おそうめんは普通に茹でて、冷たい水で冷やして水気を良くきってくださいね!

タレは市販されているつゆの元と市販されているゴマドレ、すりゴマ、ごま油。それだけです。ゴマドレはクリーム状になっているものを使ってくださいね。水で薄めて、味が少し濃いくらいが調度良いです。ラーメンの汁のようにたくさん作る必要はありません。一人分として100cc~150ccあれば十分じゃないかしら?汁が麺全体に絡めば十分です。私は今回、トッピングとして前日に同じドレッシングで作ったダイコンとニンジン、セロリのサラダと揚げ物のサモサのようなもの、ネギをちょっと散らしました。そして、最後に一味をかけて召し上がれ♪

サッパリとしているけれどコクがあって、ゴマ好きの私にとってはこの食べ方が一番幸せかも♪もしかしたらおそばもこのタレで食べたら美味しいかもしれませんね。
今度挑戦してみよう(^^)

↓ たまにはそうめんも良いよね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | ごはんとスイーツ2005 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
YouTubeを楽しむ
2007/01/23(Tue)
今日は、最近私が見つけた楽しいビデオをご紹介したいと思います。みなさんはYouTube(ユーチューブ)ってご存知ですか?自分で取ったビデオを投稿して、たくさんの人に見てもらう事が出来る場所です。私は自分で投稿したことはありませんが、日本からだけでなく世界中からたくさんのビデオが毎日投稿されているんですよ~(^^) 先日も韓流と華流の話題を書いた時に時にYouTubeでドラマを見つけたので見ているとお話したと思うんですけど、どなたかが投稿してくださらないと探しているものが見つからないという点ではインターネットのホームページ検索と似ていると思います。

そこで、私が見つけたビデオをいくつかみなさんにもいくつかご紹介したいと思います。昔話題になったものとか、ちょっとビックリしてしまうもの、見ていて思わずニッコリしてしまうものまで短い作品を中心にご紹介しますね。

まず最初は、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、明治安田生命のCMで映し出された投稿写真が話題になり、ドラマ化までされた男の子のビデオです。最初の時はお父様にギュッと抱きしめられている一枚の写真だけだったのですが、その後にその男の子だけで構成されたCMが少しの間だけ放送されていました。私もこのCMに感動した一人です。見ているとお父様とお母様の愛情の深さ、家族の思いが伝わってきて自然に涙が出てしまいます。

たったひとつのたからもの
http://www.youtube.com/watch?v=5a3ahoLXTuM

いかがでしたか?私はこのCMをまた見ることが出来て良かったです。ほとんどのCMがその場限りで終わってしまうものですが、私はこのCMは「心の中に大切にしまっておきたい素敵な作品」だと思います。

次はちょっとビックリするような作品です。みなさんは何かペットを飼っていらっしゃいますか?私も子供の頃からいくつか飼っていましたが、今我が家には熱帯魚くらいしかいません。こんなかわいらしくて芸を持ったペットがいてくれたら毎日楽しいでしょうね~♪

封筒を開けてくれるウサちゃん
http://www.youtube.com/watch?v=BEkheGbSTrA

さて、動物の話題を続けましょう。 時には私だってこんなことになるかもしれません。みなさんも見かけた経験はありませんか?ネコちゃんのかわいらしい様子をご覧下さいね。

ねむたいネコちゃん
http://www.youtube.com/watch?v=2GWPOPSXGYI

ネコちゃんだけではありません。ワンチャンだってねむたいんです。左足がシュルシュルと移動してしまうのはいったいなぜでしょう?きっとワンちゃんにも分からないんでしょうね(^^)

ねむたいワンちゃん
http://www.youtube.com/watch?v=yBz5S4dn8v0

そしてそして、眠たいのはワンちゃんやネコチャンだけではありません。赤ちゃんだってねむたいんです!でもこの赤ちゃん、ねむたいのにどうしても止められないことがあるようです。もう誰にも止められません。夢の中でもピチピチ、チャプチャプ、ランランラン♪

ねむたいのにお水が大好きな赤ちゃん
http://www.youtube.com/watch?v=tOfmASx_GVM

最後にどうしてもつられて笑ってしまう作品をご紹介。こんなに楽しい毎日ってステキ! 家族が笑いに包まれて暮らしている雰囲気が伝わってきます。楽しい楽しい四つ子の赤ちゃん達の大合唱です。

赤ちゃんがみんなでニコニコ大合唱
http://www.youtube.com/watch?v=dcCZABr_G1k

いかがでしたか?ちょっと一息するには楽しい作品ですよね♪こんな作品だけでなく、ニュースで話題になったことや珍しい現象などもたくさん投稿されています。ふとこんなことが見たいなと思ったら、検索してみてください。以外と面白いものが投稿されていることがありますよ~♪

↓ 一息するには良いよね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
この記事のURL | ちょっと一息 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
チーズフォンドュでおもてなし
2007/01/22(Mon)
20070123160816.jpg


先日、ご近所に住む母のお友達のご夫妻が我が家にいらっしゃいました。私も何度かお会いしたことはあるんですけど、一緒にお食事をするのは初めて。前日の夜に急に決まったことなので、何をお出ししようかと相談していた時、せっかく寒い中いらしてくださるのだから、チーズフォンドュにしたら?という話になりました。我が家では時々チーズフォンドュをします。クリスマスにすることもあるんですけど、冬になるとなんとなく食べたくなったりするので、フランスパンだけ買ってきて家にある野菜で温野菜にしたり、チキンを蒸したりして食べます。

今回も急に決まったことだったので、家にある有り合わせの材料でちょっとおもてなし風に食卓を作りました。準備に結構バタバタしてしまって、写真は慌てて撮ったのでちょっと変ですけど雰囲気はお分かりいただけるかしら?ご夫妻がゆず風味のホタテとダイコンのサラダと色とりどりの海藻で作ったサラダをお持ちくださったので、食卓がとっても豪華になったんですよ~♪

チーズフォンドュって、しゃぶしゃぶや焼肉と一緒でいろいろな物を自分のペースで選んで食べられるのが良いですよね♪最後までアツアツで食べられるところも冬の料理としてはピッタリだと思います。我が家ではチーズフォンドュの元を取り寄せて冷凍庫で保存しているので、ほとんど味の調整はしません。以前はチーズと白ワインを火にかけながら混ぜていたんですけれど、チーズとワインの相性もあったりして思ったほどの味にならないことがありました。最近は合わせ済みのものがあるので便利ですね。

スパークリングワインや白ワイン、赤ワイン、日本酒と、随分あれこれ飲みました(笑) 気楽に飲んで食べてみんなすっかり陽気になって、お料理のレシピについてや旅行先での失敗談、珍しい場所のことなど、あれこれと話してにぎやかに過ごした夜でした。ご夫妻も我が家から歩いて帰れる距離なので「電車の心配をしなくても済むし、これからも定期的にこんな場を設けましょう」とおっしゃっていました。。

凝った料理を作らなくてもおもてなしの雰囲気が作れることが分かったので、チーズフォンドュが我が家では冬のお客様料理の定番になりそうです(^^)

↓ アツアツのチーズが良いよね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
この記事のURL | ごはんとスイーツ2005 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
韓流と華流 その2
2007/01/13(Sat)
今日は華流について思うことを書いて見ようと思います(^^)

先日書いた韓流ブームに続いて華流というのもありますよね。この華流というのは、どちらかというと小母様方に強い韓流よりも、若い方達の間で広まっている現象だと思います。一番最初は何だったんでしょう?私が個人的に広まったと思うのは、日本でもドラマ化されている少女マンガが原作の「花より男子」が台湾で大ヒットした後、日本にもその余波がやってきたからではないかと思うんです。台湾では主役の4人の男の子達(ジェリー・イェンさんヴィック・チョウさんケン・チュウさんヴァネス・ウーさん)が劇中で使われているF4というグループ名をそのまま実際に使い、歌を出したりコンサートを開いたり、日本にもグループ単位ではないですけれどそれぞれがイベントなどで来日していらっしゃいます。以前、CNNでもアジアで大ブームを起こしているグループとしてインタビューされていました。

台湾では「流星花園」という題名で放送されていますが、私が知ったのはスカパーでドラマを放送してからです。もう3年以上前の話になると思うんですけど、たまたま放送していたのを見ました。最初は何の話かもわからなかったし、日本のマンガが原作だなんて知らなかったんです。けれど、なぜが面白くて毎週楽しみにしていました。この「花より男子」は日本でも随分前に映画化されているのをご存知でしょうか?今活躍されている役者さんで言うと、主人公の男の子の役に谷原章介さん、相手役の女の子は内田有紀さんです。映画館で見たわけじゃないですけど、確かテレビでも放送されたような・・・?大きなレンタルショップでしたらまだ置いているんじゃないかしら?以前に見かけた記憶があります。

台湾でのドラマはあまりのヒットに急遽シリーズ化されたそうです。日本でも最近花より男子の第2シーズンが始まりましたね。台湾で第2シーズンが始まった時は原作のマンガの話がまだ進んでいなかったそうで、台湾のオリジナルストーリーになっています。原作を元にしていた時と違ってちょっと重めのストーリー展開になっていますが、中心人物達それぞれにもスポットを当てた内容で、私は全話見て無いんですけど第1シーズンが楽しめた方なら思わず見てしまうのでは?華流ドラマ全般に言えると思うんですけど、韓流ドラマと似ていて全34話とか24話とか長いのが特徴だと思います。なので、原作がある場合には台湾版の方がより原作に近いストーリー展開になっているのではないでしょうか?以前日本版の花より男子を見た時、放送回数が少ないからでしょうけれど、こんなところが無理やり縮尺されてしまうんだぁ・・・なんて違いにも気づきました。

台湾では若い方の間で日本がとても憧れの存在のようです。日本でもちょっとオシャレなカフェなどでは外国人が優遇されて良い席に案内されますよね。それと同じことが台湾でもあるそうです。日本人が台湾でオシャレなお店に行くとやっぱり良い席に案内され、とても歓迎されるということを聞いたことがあります。その延長なのでしょうか?台湾では日本のマンガが原作のドラマが結構あるようです。「あすなろ白書」というのをご存知でしょうか?原作はマンガで、日本でも木村拓哉さんが出演されたドラマなんですけど、これも台湾でドラマ化されています。このドラマの主役をされていた女の子(レイニー・ヤンさん)は先ほどの流星花園(花より男子)で主役の女の子(バービィー・スーさん)の親友役で出演されていた方です。GAO(ギャオ)で以前放送されていた台湾のドラマでも主役をされていたのですが、とても洗練された女性になっていて驚いた記憶があります。Mars~戦神(台湾では戰神))というドラマも日本のマンガが原作で、流星花園に出演されていた主要メンバーの中の2人(ヴィック・チョウさんバービー・スーさん)が主役です。このお二人は実際に付き合っていらっしゃるそうで、台湾では誰もが知っていて温かく見守られているようです。

中国本土で制作されたドラマはまたちょっと違うんですけど、台湾で制作されたドラマは全体の感覚と言うか雰囲気が日本で制作されたドラマと似ていて、言語や設定や環境が日本とは違っても違和感無く見ることが出来ます。日本人と気質が似ているんでしょうか?最近ではバラエティー番組などもスカパーで放送されたりしているんですけど、日本の番組と雰囲気が似ているし、出演者同士の会話もまるで日本人が話しているような感じです。私としては、スカパーでもいいからもっと台湾のドラマを放送して欲しいなって思います。レンタルビデオ店での陳列もまだ少ないし、知名度も韓流に比べたらまだまだ広まっていないし、特に最近は台湾ドラマの放送が激減したような気もします。地上波ではほとんど放送されませんしね。

日本で有名な台湾の方と言ったら最初に思い浮かぶのがビビアン・スーさんです。最近は見かけなくなってしまいましたが、台湾ではとても活躍されていらっしゃるようです。金城武さんも確か台湾の方でしたよね?ジュディ・オングさん、インリン・オブ・ジョイトイさんも台湾の方のようです。日本で有名な女優さんと言うのは外国人的な目鼻立ちのハッキリした方が多いと思うんですけど、韓流も華流も違う気がします。系統的に言うと広末涼子さん有森也美さん羽田美智子さんなどがそうなんじゃないでしょうか?最近ではYouTubeにドラマを載せていらっしゃる方がいるので、台湾のドラマも韓国のドラマも検索すれば見る事が出来たりします。韓国ドラマはさすがに日本語の字幕か吹き替えで無いと全然分からないですけれど、台湾のドラマは無理をすれば漢字の字幕がついていることが多いので多少理解できるのがいいですね(笑)

先日書いた韓国の宮(クン)というドラマもYouTubeにあるんですけれど、英語の字幕をつけていらっしゃる方のビデオを見つけました。まだ全話見ていないんですけど、こちらは韓国語をそのまま英語訳しているらしく、私程度の語学力ではセリフが早く展開する場面などは読みきれないのが難点です(苦笑)ある意味英語の勉強にはなると思うんですけど・・・(笑) 台湾のドラマも探せばたくさん見つかるかもしれませんね。検索のコツが分かると探しやすくなるので、慣れなのかもしれません。

台湾も一度は旅行してみたい場所です。とてもエネルギッシュで、〝アジア〟を感じることが出来る場所だと言うのを聞いたことがあります。そんなに遠くも無いし、時差も一時間くらいみたいなので今度旅行計画を立ててみようかなぁ・・・。

またまた取り留めの無い雰囲気になってしまったので、この話題もこの辺で。

↓ 華流も楽しそうだよね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | TB(1) | ▲ top
韓流と華流 その1
2007/01/11(Thu)
今日は韓流について思うことを書いて見ようと思います(^^)

みなさんもご存知のように、数年前から韓流と言われる現象が起きていますよね。韓流は誰でも知っているNHKの「冬のソナタ」が始まってから一大ブームとなり、小母様方をとりこにしていますね(^^) ドラマが始まる前は韓国映画が若い方の間で話題になり、ちょっとしたブームという程度だったんですけれど、ヨン様から始まって、ビョン様、ソン・スンホンさん、チェ・ジウさん、イ・ヨンエさん、ウォンビンさん、ソン・ヘギョさん、チャン・ドンゴンさん・・・と日本ではアイドルタレントのような取り上げられ方です。最初はドラマをやっている間だけの一過性のブームで終わってしまうのかと思ったのですけれど、良く言われるように「マチュア世代の方々は一度認めると長く愛用する」通りにすっかり韓国の俳優さんたちも日本のエンターテインメントの一端を担う存在として定着しましたね。

韓国の俳優さんがコマーシャルに出ているのを一番最初に見た時は、流行に便乗して少しでも売りつけようとする企業の思惑が感じられて、「全く日本企業って言うのは誰でも出せばいいと思って・・・・。本当にエゲツナイなぁ・・・」なんて思ったものです(苦笑) それでも最近は毎日当たり前のように韓国の俳優さん達がコマーシャルに違和感無く登場されるので、知らなければ日本人の俳優なのかと思うほど馴染んできました。日本のドラマにもゲストではなく登場人物の一人として出演されたりしてますよね。

レンタルビデオ店にもしっかりとコーナーが設けられていて、必ず一人や二人の小母様方が熱心に選んでいらっしゃるのをお見かけします。最初の頃は世の中がそんなに大ブームになっているとも知らずに、私もしっかり「冬のソナタ」は見ていました。その頃は〝「君の名は」というドラマにも似たノスタルジックな作風に郷愁を覚える年配者が支えている〟なんて言われていましたけれど、「美しき日々」「チャングムの誓い」などNHKでは吹き替えドラマに留まらず、アニメにも編集したり字幕版まで放送するほどです。

民放各社でも昼間や夜中に放送していますよね。こんなに韓国ドラマが支持されているのはどうしてなんでしょう?日本のドラマと何が違うんでしょう?私が個人的に思うことをいくつか挙げると、まず登場人物の心情の変化、葛藤などを一つ一つ丁寧に画いているということ (これは放送回数が日本の一般的なドラマの倍以上あるから出来ることでしょうね)、また、悪役や脇役の存在背景にも複雑な人間模様があり、主役の人物像を追うだけの表面的な物語に終わらせていないこと、その他にもちょっとしたことですが、どんなに若い登場人物でも言葉遣いや言い回しが丁寧で、イマドキの若者が使う外国語のような言葉を使わないこと、自虐的なセリフをすぐ言わ無いこと、若い人同士が話す意味の無い揚げ足取りのような掛け合いが無いこと、なども日本のドラマと違うところだと思います。

最近面白いなと思っているのが「宮(クン) Love in palace」というドラマです。テレビ東京で木曜日の夜中に2話ずつ放送しています。たまたま起きていた時に放送されていて、寝ようと思っていたのについ引き込まれてしまったドラマです。夜中の三時ごろから放送が始まるので見忘れてしまうことがほとんどなんですけどね・・・(苦笑) ドラマ自体は、存在しない架空の韓国の宮廷が現代も続いていて、後継ぎ問題や御家騒動、妬みや嫉妬が渦巻く閉ざされた環境の中で、本人の意思とは関係ない宮中でのしきたりに振り回される主人公の女の子と若き王子とのチグハグな暮らしが重過ぎないタッチで展開しています。

この主人公の女の子がとっても素直で明るく、見ていると思わず微笑んでしまいます。見ている私がとっても元気になるんです。なぜこんなに遅い時間に放送しているのか・・・とてももったいないと思います。同じ夜中に放送するんなら、アニメなどを放送している時間帯に放送すれば見る人がもっとたくさんいるはずなのに・・・って思います。そう言えば、以前にアニメで放送された「ハイカラさんが通る」に雰囲気が少し似ているかもしれません(でも、たぶん私はオンタイムでは無く再放送を見ているハズ・・・(苦笑))  

なんだか話が取り留めの無い雰囲気になってきましたね(笑) 韓国のドラマを見ていると日本との風習や感情表現の違いも感じるけれど、身近に感じることもたくさんあって、今までほとんど知らなかった隣の国が少しずつ理解できるような気がします。実は私の高校の修学旅行は韓国だったんです。今ニュースで話題のロッテワールドにも宿泊したんですよね~。その時は子供過ぎて、思い出そうとしても表面的な韓国の姿しか覚えていません(苦笑) また行く機会があれば、もっと文化や風習に触れる旅行をしてみたいです。

↓ 確かに韓流ブームだよね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明けましておめでとうございます
2007/01/01(Mon)
20070101045607.jpg


明けましておめでとうございます!今年もどうぞ宜しくお願い致します。
今年一年が、みなさんにとって、また私にとってもステキな年になることを願っています。

今年もまた、何気ない日々の出来事や、庭の花の話題、お出かけやたま~に作るスイーツの話題など、ほんわかと暖かい気持ちになる出来事をご紹介して、みなさんと和やかに過ごしたいと思っています。

写真は千両の赤い実です。以前オレンジの実をご紹介したと思うんですけど、オレンジの千両と赤の千両は隣同士に植えてあります。花のない庭の片隅で、きれいな色の実を毎年たくさんつけてくれる冬の優等生です♪すごく丈夫なので、育てやすいと思います。冬の食卓テーブルのアレンジにも使えるし、クリスマスシーズンにも重宝しているんです(^^)

↓ 年の初めにワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。