スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
今年を振り返って
2006/12/31(Sun)
つたない文章で細々と更新している私のブログですが、今年もなんとか続けることが出来ました。
みなさんの暖かいコメントにいつも癒され、本当に励みになります。

きっと来年ものんびりと更新すると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します!

↓ 年の最後にワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング




今日の「つづき」内容は本当にとっても長くて重い話なので、読んでも耐えられると思う方だけ読んでくださいね。
この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
昔の通りをお散歩
2006/12/21(Thu)
先日、10年以上歩いていない道を通りました。近所と言っても駅とは全然違う方向なので、普段は用が無くて通ることが無い道です。東京なので、10年も経てばすっかり道の雰囲気も建物も変わってしまうと思うのが普通なんですけど、ほとんど昔のままでした。

小さな公園の砂場にあった屋根が無くなっていたり、遊具が新しくなっていたけれど、ブランコもそのままの位置にあったし、向かい側の幼稚園もそのまま建て替えていませんでした。私が卒業してから数十年・・・・、まだ建て替えていないことにちょっとビックリ(笑) 

そしてもう一つ、昔と変わらないちょっと変わった場所が・・・。普通は交差点の電灯って電柱に取り付けてあるものだと思うんですけど、そこの信号の無い交差点には、四方からワイヤーで交差点の中心の「真上」にライトが吊り下げられています。ある意味、ノスタルジックを超えていると思いました(笑) それくらいは作り変えられていても良いと思うんですけどねぇ。そんなにそのライトの取り付け状態が便利なのかしら?

そして、帰り道。思いもかけず、ケンタッキーでチキンを買って帰りました。クリスマス前なので、最近ケンタッキーのCMが増えましたよね。とっても美味しそうなので、家族で話題になっていたのです。でも、以前は地元の駅にもケンタッキーはあったんですけれど、数年前に潰れてしまいました。マクドナルドやロッテリア、モスバーガーとスターバックスまであるのにどうしてケンタッキーだけダメだったんでしょう?

家に持ち帰ってみんなで久しぶりに食べたケンタッキーはとっても美味しかったです♪我が家ではいつもクリスマスになるとチキンを一匹まるごと買ってきてオーブンで焼くんですけど、香辛料とかは全然凝ってなくて普通に塩コショウとニンニクだけなんです。お腹の中にプルーンを入れたり、栗を入れたり、ポテトを入れたりしたこともあったけれど、大抵はシンプルに何も入れないで焼くことが多いかな・・・。ケンタッキーのようないろいろな香辛料を混ぜたチキンも美味しいですよね(^^) 今年はちょっと違う味付けにしてみようかなぁ~。

↓ クリスマスといったらチキンよね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
庭の花 12月16日
2006/12/16(Sat)
20061216160339.jpg


先日もご紹介した赤い菊の仲間がたくさん咲いています(^^)

我が家の庭も本格的に冬の装いになってきました。今たくさん咲いているのは菊の仲間達だけです。この菊の花は赤がとっても濃いけれど、クリスマス風のアレンジにはシックでぴったりなんです。我が家ではそんなにたくさん咲いているわけではないので少ししか使えないけれど、食卓テーブルに使うちょっとしたクリスマスアレンジには重宝すると思います。外で咲いている花を見ると、なんだか色は濃いのにまばらに咲いているせいか地味に見えてしまいますが、切ってテーブルなどのフラワーアレンジとして飾った方が見栄えのする花かもしれませんね~。

↓ シックな花だね~ と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2006 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
庭の花 12月13日
2006/12/13(Wed)
20061213144201.jpg


我が家の紅葉の様子です(^^) カエデの仲間で名前は良く分からないんですけど、ヤマモミジの園芸種に似たものがありました。

それにしてもシックな赤色ですよね~♪このカエデはちょっと変わってて、春に出てくる葉も赤いんです。春の紅葉と言うか、秋の時よりも春の方が色が鮮やかで透き通っている感じです。そして、初夏の頃にだんだんと緑色の葉に変わってきて、秋になるとまた紅葉します。

東京はすっかり冬の雰囲気になってきていますが、我が家の庭ではまだ晩秋の雰囲気です。お花屋さんではビオラやパンジーなどの花たちが小さなポットでたくさん売られていますよね。本当だったら我が家でもたくさん買って鉢植えにしたいんですけれど、残念なことに日当たりが悪すぎて買ってきても今咲いている花が終わると次の花芽は3月になるまで出てきません。普通は12月~5月まで楽しめるオトクなお花のはずなのに、こういう時に我が家の日当たりの悪さがハッキリと出てしまいます。

以前にスイートアリッサムとビオラを寄せ植えにしたりしていたのをご紹介しましたが、母に今年の春は買わなかったのかと聞いてみたところ 「3月~5月下旬くらいまでで普通より短い間しか楽しめないから、なんだかもったいないような気がして今年は買わなかった」 と言っていました(苦笑) まぁ、しょうがないですよね。毎年のことなので買い切れないということのようです。我が家では基本的に 「四季咲き」「宿根草」「多年草」「こぼれ種で増える」「日光が少なくても大丈夫」 などの条件を満たした花じゃないと買いませんから(笑)

↓ 東京の紅葉もなかなかだね~ と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2006 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
庭の花 11月10日
2006/12/10(Sun)
20061210180240.jpg


昨日に引き続きピンク色の花、ローズシャンデリアです(^^)

この花は本当は春から夏に掛けて咲く花のはずなんですけれど、どういうわけか我が家では未だに咲いています。そんなにたくさんの花ではないけれど、彩りの少なくなった庭にキレイなピンク色の小さな花をポチポチとつけてくれています♪

ローズシャンデリアはセルビアの仲間なので夏にたくさん咲いていた青いセージと花の形がそっくりです。でも、花の大きさは2センチくらいで、必ず両手を広げたように左右対称に咲いています。そこがとっても不思議!同じ節目のところに6コつぼみがついていて、必ず左右対称に二つずつ咲きます。ベルベットのような質感の花はクリスマスの雰囲気にもピッタリですよね♪ 葉は下の方にしかなくて、ヒュルヒュルと伸びた茎から花だけが咲きます。日当たりが良ければもっと密集した感じでこんもりと咲くそうなんですけど、我が家はまばら(笑) 

地植えにしていますが、冬になるとほとんど葉も枯れて見当たらなくなってしまいます。でも、春のちょっと遅い時期(5月の連休を過ぎた頃)からたくさんの葉が茂ってくるので、大きくなり過ぎなくて調度良いかもしれません。普通は冬になると室内に入れるそうなんですけど、3年以上ほったらかしでも毎年同じように花を咲かせてくれるので丈夫なんでしょうね♪

↓ ピンク色がキレイだね~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2006 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
庭の花 12月09日
2006/12/09(Sat)
20061210180229.jpg


先日ご紹介した、ピンク色の菊のその後です(^^)

やっぱりうまく咲いてくれませんでした(苦笑) うっかり注意してみていなかったんですけれど咲いている花はどの花も、まぁ~るく咲かないでこのように楕円形になっています。もしかしてこういう種類だったかな?と思わせるくらい、どの花もこんな感じ。そして、最初ツボミの頃はピンク色が鮮やかで濃いんですけど、咲いてくるとだんだん色が薄くなってきます。

家にはこの一株しかないので、もしかして植える場所を変えてみたら違う咲き方をしてくれるのかもしれませんね。とは言っても、我が家の庭の中では比較的直射日光が当たる場所に植えているので、これ以上は難しいのかな?もっとお天気の良い日が続いて、ポカポカ陽気になれば一気に咲いてくれるかもしれませんね♪

↓ うすいピンク色がきれいだね~ と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2006 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
庭の花 12月05日
2006/12/05(Tue)
20061205154648.jpg


ふれ太鼓というバラです(^^)

これは四季咲きのバラです。名前がなんだか日本的で勇ましい感じですけど、花はとってもやさしいイメージなんですよ~♪ そして、ちょっとめずらしく咲き始めはオレンジ色なのに、翌日にはふちだけがどんどん赤くなってきて数日後には赤黒い花になって終わります。

20061205154658.jpg


全体で見るとオレンジの花と濃いピンク色の花が同時に咲いているようで本当にキレイなんです♪ 春の時は一つずつが別々に咲いていたので、なかなか同時に咲いている状態をご紹介できなかったんですけれど、今咲いている花達はどういうわけかみんな双子ちゃんや三つ子ちゃんのように固まって時間差で咲いているので、オレンジのバラとピンクのバラを接木をしたような雰囲気がします。

5~6輪咲いていますがもうツボミは見当たりません。そろそろバラも終わりかけてきているので、また来年の春にステキな花を咲かせてくれることを期待して冬を過ごしたいと思います(^^)

↓ 二色同時に咲いているみたいで面白いね~ と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2006 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
庭の花 12月04日
2006/12/04(Mon)
20061205154634.jpg


チロリアンランプのつぼみです(^^)

もう冬だというのに、チロリアンランプにはまだ7~8コのつぼみがあります。でも、毎日結構寒いのでなかなか咲きません。小さなつぼみのままで一週間以上になります。この花達は待っていればいつか咲いてくれるのかしら?

クリスマスの頃に咲いてくれたら、赤と黄色のコントラストがクリスマスっぽくてキレイでしょうね~♪去年は調度家に居なかったので12月になってもつぼみがあったのかどうか分からないけれど、暖かい地方では一年中咲いている花のようなので、もしかしたら家の中に入れれば咲きつづけてくれるかもしれませんね♪

↓ がんばって花を咲かせてね~! と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2006 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コープス ブライドを見て
2006/12/02(Sat)
20061202231002.jpg


先日、コープスブライドを見ました(^^)

20061202231114.jpg


ティム・バートン監督の作品を見るのは久しぶりです♪ 今回の作品もティム・バートンワールドが満載でした。
今回のお話の中心は、階級社会の軋轢が支配する世界の若い男女と、死者が暮らす自由で生き生きとした世界の素直で真っ直ぐな心の女性がすれ違いながらも心を通わせ、相手を思いやる気持ちの大切さをちょっとダークでロマンティックに表現した心温まるラブストーリーです。

20061202231126.jpg


19世紀、成金夫婦と落ちぶれた貴族の親同士が決めた政略結婚。裕福な魚屋のビクターはとっても内気で気弱。落ちぶれても気位だけは高い貴族の家庭に生まれながらも、素直に育ったビクトリア。

20061202231232.jpg


二人とも最初は結婚に全然乗り気じゃありませんでした。でも、二人はすぐに心を通わせあいます。

20061202232207.jpg


明日の結婚式のリハーサルを行いますが、内気なビクターは失敗ばかり。誓いの言葉がちゃんと言えるまで結婚は延期だ!と牧師さんに言い渡されてしまいます。

20061202232238.jpg


気落ちしながらも、一人暗い森を歩きながら誓いの言葉を練習するビクター。誓いの言葉を言いながら細い小枝に指輪をはめてみます。

20061202232320.jpg


すると、それは小枝ではなくナント!コープス(死体)の花嫁の指。彼女は愛する人の誓いの言葉をずっと待ちつづけていたのです。

20061202232847.jpg


何がなんだか分からないまま、地下深~い死者の世界に連れて行かれてしまったビクター。彼らを暖かく迎え入れる陽気なガイコツ達。

20061202232856.jpg


死者の世界はすばらしい!自由で気まま、誰にも縛られることは無い!

20061202232909.jpg


陽気で楽しい世界だと歌って踊って大騒ぎ♪

続きは続きを読むをクリック!
結末までのネタバレですので注意してくださいね~♪

↓ オォ~、ティム・バートン作品かぁ~、と思ったらワンクリック応援してくださいね♪
 →人気blogランキング
この記事のURL | 映画・ビデオのこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。