スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
庭の草花 4月30日
2005/04/30(Sat)
20050430012050.jpg

「パンジー」です。目の覚めるような鮮やかさだと思いませんか?先日ご紹介した青いパンジーとは印象が違いますよね(^^) 時期的にはそろそろパンジーは終わる頃だと思いますが、我が家はまだまだ花盛りです♪たぶん連休が終わる頃までキレイに咲いてくれることでしょう。窓辺を長い間華やかに彩ってくれるので、大助かりです。

20050430012003.jpg

菊の仲間です。この花の凄い所は、一年の半分以上の間、次々と花を咲かせるところです。3月と4月は咲いていませんでしたが、4~5日前からつぼみが出始め、次々と咲き始めています。去年も10月から咲き始め、2月まで咲いていました。真夏と冬の終わりだけお休みして、綺麗な黄色い花を咲かせてくれます。全く花の咲かない12月1月2月にもちょっとずつ咲いてくれるので、我が家の庭の優等生です(^^)

20050430012018.jpg

「すずらん」です。花が咲くまであと一週間ぐらいはかかりそうですね。春らしい色合いで写真に写りました。こういう“芽”を見ると、ニコニコしてしまいますよね。もう満開になっているお庭もあるようですが、うちの花たちはのんびりしていますのでもう少しお待ちくださいね♪

20050430012037.jpg

うちのお昼ごはんです(笑) 普通のチャーハンです。なぜわざわざこの写真を載せたかというと、本当はニョッキを作ろうと思ったんです。昨日の夜にネットを見ていて、ニョッキの写真を載せている方がいらっしゃったんです。「ニョッキ」ご存知ですか?イタリア料理なのかな?“形は丸い、すいとん”みたいなものなんですけど、トマトソースでもホワイトソースでもパスタのソースなら何でも合うんです。イタ飯屋さんでもおいているところは少なくて、なかなか食べることは出来ないんですけど、私大好きなんです!!

その写真を見ていたら無性に食べたくなってしまい、自分で作れるものなのかと検索していたら結構カンタンに作れるみたいだったから、明日のお昼に絶対作ろうと思いながら寝たんです。そしてのんびり起きたお昼近く(笑) お庭の写真をちょっと撮ったら作ろうと思って庭に出て、少し写真を撮って家に戻り材料を確かめたら・・・・。じゃかいもが無かった!!!代わりになるかぼちゃもナイ!!ウェ~ン!これじゃぁ作れないじゃ~ん!!今から八百屋さんへ行くには時間が掛かりすぎてお腹がモタナイ・・・。自分の用意の悪さにブツブツ文句を言いながら、結局お昼は一瞬で出来るチャーハンとなったのでした(苦笑)

とりあえず、これは「おやさいたっぷり、緑黄色チャーハン」なのですよ。材料は冷凍のミックスベジタブル(にんじん、コーン、グリーンピース)、パプリカ、マッシュルーム、パセリの茎、パセリの葉、レタスです。そしてベーコンがちょぴっと入ってます。パセリの茎は、ハサミで5ミリ~1センチぐらいの長さにチョキチョキして入れると、シャキシャキした歯ごたえになって無駄になりません。パセリの葉とレタス以外をジャッジャッジャっと炒めて、お皿にはレタスをたくさんちぎって敷き詰めておきます。最後に上からパセリの葉の部分をハサミで細かく切りながら散らせば、ハイ出来上がり(^^) 塩味の方がおいしいです。うちにはフランス製だったかな?のハーブソルトがあるので、味付けはそれのみです。ベーコンを使ってるので風味はありますしね。

毎回のことですが、調理時間は20分ぐらいです。サラダ感覚でペロリと食べられます。写真を見ると、ちょっとコゲが・・・(笑)でも、これはワ・ザ・トです。おコゲを作ろうと思っていたら、いつもより火が強かったみたいで黒くなった具材が・・・あはは。私はカリカリした食感が好きなので、チャーハンの時は必ずオコゲを作るのですが、今回はお腹も空いていたし、すっごく食べたかったニョッキが食べられなくてブツブツ文句を言いながら作ったので、火の加減が勢い余ったらしいです(苦笑)明日は絶対ニョッキを作ります!!

 ↓ ありがとうございます!!みなさんの応援が嬉しいです!!
人気blogランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月29日
2005/04/29(Fri)
20050429003111.jpg

「みやこわすれとオキザリス」です。オキザリスの間からみやこわすれが顔を出してきました(^^) 緑のじゅうたんの中で、ピンクの花と白い花がかくれんぼをしているようですよね♪


20050429003205.jpg

「たいつりそう」が満開になりました♪満開といっても、一本の茎に数珠繋ぎのように花がぶら下がっているので、イヤリングが飾られているように見えませんか?こんな形のイヤリングが本当にあったらかわいいですよね~♪

20050429003242.jpg

ヨーイ、スタート! 相変わらず名前が分かりません(^^ゞ みんなで並んで競争です(^^)どれが一番早く大きくなるかな?そしてどんな花を咲かせてくれるんでしょうね。楽しみです♪

春になってから、テレビでも新しい番組がたくさん始まりましたね。でも、今回は楽しみにしている番組って少ないんですよね~。今まで見ていた番組も終わってしまったり衣替えして雰囲気が変わってしまったり・・。特にドラマが全然見たいと思うものが無い・・・。何かお勧めのものありますかぁ?うちにはスカパーがあって、最近は海外ドラマを見てます。以前にNHKでやっていたのですが、「ザ・ホワイトハウス」というドラマがあります。アメリカ大統領とその側近達の毎日の仕事振りを追っているのですが、これは本当に面白いです。同じく「ER」というドラマもNHKでやっていたのですが、同じ人が制作しているドラマです。だからカメラが止まって写っている場面よりも、ず~~っとカメラ自体が人の動きを追いながら動き回っている場面がたくさん出てきます。時間の流れが速く感じるし、働いている人達のバタバタ加減がよく出ています。

最初はBSで放送していたのですが、私は夢中になって見ていました。都合がつかなくてだんだん見られなくなって悲しかったのですが、スカパーでもこの春から放送するようになって見始めています。このドラマの内容を見ていると(大統領職を美化している部分もかなりあるとは思うけれど)すべてがウソだとは思えません。実際に起こっていることを脚色して、真剣に仕事に打ち込む人々の様子をドキュメントのように放送しています。そして、この番組のもう一つの魅力は声優陣です。個々の役柄にピッタリです。こんなにハマッているのも少ないのでは?と思うくらい違和感がありません。一番ビックリしたのは吉田栄作さんでした。テロップを確認するまで分かりませんでした(^^ゞ 第2シーズンからは声が別の方に変わってしまったのが本当に残念です。大統領役の小林薫さんもバッチリハマッてます。

アメリカではエミー賞(テレビ番組のアカデミー賞版)を4年連続で受賞していて、第6シーズンまで放送されているようですが、日本で放送されたのは第2シーズンまでかな?ERが面白いと思われた方はきっと楽しめるドラマだと思います。スカパーをご契約の方は一度ご覧になってみてください。スーパーチャンネルで放送しています。あっそうだ、5月1日にメイキングの番組と1話~5話まで連続放送するので、見逃したとかこれから見てみようという方は必見ですよ(^^)
なんか今回はスカパーの回し者みたいでしたね~(苦笑)

 ↓ ありがとうございます!!みなさんの応援が嬉しいです!!
人気blogランキング

この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月28日
2005/04/28(Thu)
20050428022846.jpg

ちょっと名前がわからない花なのですが、ほおずきみたいですよね。う~~ん、なんだかいつもいつも花の名前が分からなくてホントごめんなさいぃぃ。。。花が開くまでは本当にほおずきみたいな形をしているのですが、もっと赤みが強くてあざやかな色です。花が咲くと、先端が黄色くなるのも素敵ですよね。花の中からシャンデリアが降りてくるような雄しべ?雌しべ?も不思議です。ほおずきと同じで誘引させます。一つ一つの花が存在感があって、一鉢あるとお庭が華やかになりますね♪

20050428022901.jpg

「ウィンターコスモス」です。冬に咲くのかと思いきや、春に雪のような花を咲かせるんですね。真っ白で小さい花なので、普通のコスモスの大きさを想像すると見つけることが出来ません(^^ゞ たぶん30センチに満たないぐらいの高さです。花の大きさも10円玉くらいなので、空に向かって伸びていくコスモスとは印象が大分違いますが、見つけた時には思わず近寄って「こんにちわ(^^)」と話し掛けたくなる可愛さがありますよね♪

20050428022916.jpg

同じく白い花ですが「みやこわすれ」です。こちらの花は指で「OK!」のマークを作る時の丸の大きさぐらいあります。分かり難い??(^^ゞ 少しマーガレットに似ていると思いませんか?こちらは少し探せばすぐ見つけられます(笑)こっちの方が背丈は低いんです。15~20センチぐらいかなぁ?そんなに大きくないかもしれないですね。

20050428022929.jpg

これも名前がわかんない花です。蘭の仲間なんですけどね。おもいっきし地味な花なので、華やかな花に囲まれてしまうとなんだかかわいそうに見えるかもしれません。我が家では日陰とまではいかないけれど、ほとんど直射日光のあたらないギリギリの場所に植えてあります。以外と大きくなります。40センチぐらいでしょうか。地味とはいっても、味わいのある花ですよね。これを床の間などに飾れば、とっても素敵に見えるんですよね。華美にならずに、さりげなく装うことが出来ます。床の間に飾る花って、洋花だと似合わない時があるんですよね。日本の気候風土に合っているさりげない美しさ。そんな慎ましやかな花ですね(^^)

いよいよゴールデンウィークが始まりますね。みなさんはどんなご予定ですか?私はとりあえず友達と会う約束をしました。全員働いているので、定期的に会おうとしてもここ数年は年に3回ぐらいしか集まれません。今年の新年会も2月になってからやりました。しかも、忘年会を予定していたのに2度延期になって、新年会に変えてからも2度延期になって・・・(^^ゞ その時にも話が出て、もっと頻繁に会えると良いねと言っていたのですが、三ヶ月に1度よりも二ヶ月に1度くらい会おうと言っていたので、なるべく集まるように声を掛けることにしました。何故かいつも幹事は私です(苦笑) 

いつもこんな調子なんですけど、ホントにそんなに頻繁に集まれるのでしょうかね~(笑)とりあえず今回は集まることができそうですが、私が忙しくて声を掛けないと、4ヶ月~半年に1度ぐらいしか集まることができなくなってしまうので、覚えやすい偶数月にしようと思っています。実は今回も1度延期してますしね(苦笑)でも、どう日程をやりくりしても全員が集まることは皆無です。たった5人なのに・・・。他の友達も集まると人数が増えたりするけど、基本の5人が集まったのはいったい何年前??

でも、友達は大切にしないといけませんよね(^^) 困った時は遠くの親戚よりも近くの他人です(笑) 面白いことに、私達の年齢はバラバラなんです。20代もいれば、30代、40代もいます。世代のギャップは不思議とあまり感じません。ちょっとずつ違う趣味を持っていて、興味のあることもちょっとずつ違って。だから話題も広くなります。知らない世界が広がるので話していて楽しいんですよね。一番の共通点は“キャピキャピしてない”ことですからね(笑)地味なんです私たち。「上野の散歩をみんなで楽しむ」とか「○○美術展をみんなで見に行く」とかそんな他愛も無いことで集まっておしゃべりするんですから・・・(笑)私は近いうちにみんなを歌舞伎座へ連れて行こうと密かに目論んでるんですけどね~(^^)

 ↓ ありがとうございます!!みなさんの応援が嬉しいです!!
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月27日
2005/04/27(Wed)
20050426215830.jpg

「シラー」です。うすい水色と白のグラデーションがとっても爽やかですね。花が咲く前のつぼみはうす緑色で、まるでアスパラガスのようにニョキニョキ伸びていました(笑)細長い葉が結構広がるので、ある程度場所を確保しないと、近くの花が葉に覆われてしまいます。

20050426215844.jpg

同じく「シラー」です。たくさん咲き始めました。満開になる日も近いですね。しっかりした茎なので、この程度の本数でもかなり存在感があります。

20050426215934.jpg

「ローズシャンデリア」です。ベルベットのような滑らかな質感があるように見えませんか?フワフワとしたうぶ毛があるように見えますよね。ローズ色もとっても素敵です。シャンデリアの名前の通り、クリスマスツリーの飾りのように全体に花が咲くそうなのですが、いつものごとく我が家は日光が足りず2輪しか花が咲きませんでした(苦笑) もし全体にこの花が咲いたら、とっても鮮やかで素敵でしょうね~、

20050426220013.jpg

一週間ぶりに我が家のごはんです。「トマト味のパスタ」です。

今日のパスタ(二人分)
パスタ     二人分
トマトジュース 1本190g
竹の子     一掴み分ぐらい
パプリカ(赤) 小1個
マッシュルーム 5個
ハム      細長く切ったものを軽く一掴み分ぐらい
卵       1個
タカの爪    少々

先日使った竹の子がたくさん残っていたので、春らしく竹の子のパスタにしてみました。和風のものにしようかと思ったのですが、トマト味でも結構いけるのではと思い試してみたところ、なかなかの出来でしたよ(^^) このままの量だと二人前用は、ソースが少し足りなくなると思います。私はお水に「鶏がらスープのもと」を少し溶かして足しました。竹の子は水煮のものを使っているので、とても楽ちんです♪先のやわらかい部分を使いましたが小さく切るので、硬い所を使っても歯ごたえがあっておいしいと思います。

作り方
① 大きめのなべでパスタ用のお湯を沸かす。(塩を入れるのを忘れずに!)
② 小さなフライパンで炒り卵を作って皿にあけておく。(飾り様なので味はつけません)
③ 同じ小さなフライパンでハムを軽く炒める。
④ そこにトマトジュースを注ぎ入れる
⑤ トマトジュースが一煮立ちするのを待つ。そして火を止める(トロみをつける為です)
⑥ トマトジュースが煮えるまでの間にパプリカ、マッシュルーム、竹の子を小さく切っておく
⑦ パスタ用のお湯が沸いたら、パスタを入れる
⑧ フライパンに火を入れ、竹の子、パプリカを入れ、少し後からマッシュルームを入れる(まだ塩味はつけない)
⑨ トマトがすべての具にきれいに絡んだら、少しお水を足してソースの量を調整する
⑩ パスタの塩味を確認し、トマトソースに塩味をつける
⑪ お皿にパスタを盛って、バージンオリーブオイルをふり掛けなじませる
⑫ ソースを上からかけ、お皿の上でマゼマゼして上に炒り卵をパラパラかければ出来上がり♪


全部の調理時間は20~25分ぐらいです。お湯を沸かし始め、パスタが出来上がるまでの時間ですべてができるので、時間の無いお昼とかにもおススメ!私は普通のトマトジュースを使ったのですが、ホールトマトの缶を使って作れば、もっと色も鮮やかに出来ます。このパスタの良い所は、お肉も油もあまり使わないトコです。テフロン加工のフライパンも使っていますが、炒り卵を作るときしか油はひきません。それと、マッシュルームはあまり薄くしないほうがいいです。どんどん小さくなってしまいますから(笑)

塩分も思ったよりも少ないはずです。タカの爪を入れれば更に少なく済みますよ(^^) コショウも使っていないので、タカの爪も後から自分用の皿に入れれば小さなお子さんでもおいしく召し上がれると思います。炒り卵の黄色と、トマトソースの赤がキレイですよね。ちょっと一ひねりの春らしいパスタが出来て、大満足でした♪


 ↓ パスタなかなかいい出来じゃん!と思われたら1クリック!!
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月26日
2005/04/26(Tue)
20050426021108.jpg

「つるにちにち草」です。“つる”と名前にあるように、どんどんツタのように伸びていくので毎年短く切っています。あまり太陽の当たらない場所に置いていたので、今年は2輪しか花がつきませんでした(TT) 青い色がとても綺麗ですが、花びらの形もちょっと変わってますよね。形が風車に似ていると思いませんか?ちょっと曲がった感じといい、風が吹いたらクルクル回りそうですよね♪

20050426021205.jpg

名前を忘れてしまいました・・・。スターなんとか?だったような・・。私は名前とかよく分からないで買っていたりするので、かなりいいかげんにしか覚えていないのですが、めずらしい模様だしかわいいからいっぱい増えるといいなと思っています。同じ株から紫色の花も咲いてたりします。不思議ですよね。とても小さい花なので、ちょっとした隙間に植えています。

20050426021219.jpg

「フリージア」です。今日は青系の花ばかりだったので、赤いフリージアも載せてみました(^^)黄色もピンクもとても鮮やかな色ですが、赤もとっても濃い色です。迫力がありますよね。お花屋さんでは赤色のフリージアってあんまり見かけないのですが、個性がとても強く出てしまうからなんでしょうか?切花にしても以外と日持ちがする花なので、お買い得なんですよね。ちゃんと水切りしていれば、最後の花まで開いていきます。

3月4月の東京は、一週間晴れたら雨になるという具合に定期的に雨が降ってくれて、水遣りをしなくて済むので大助かりです(^^)鉢植えのものにも数えるほどしか水遣りをしてません。春の空気は以外と乾いているので、しばらく晴天が続くと庭全体がカラカラに乾いてしまって水遣りが大変です。鉢ものも含めて庭全体に水遣りをすると、大体一時間ぐらい掛かるんですよね・・・。夏場は毎日しなければいけないので結構大変です。お水が好きな鉢物は1日に2回上げなければいけなかったりして。 うっかり忘れると力尽きたようにグッタリしてしまって、慌てて夜中に水遣りをしたことも山のようにあるんですよね~(^^ゞ

それよりも、最近の気がかりは、羽衣ジャスミンが枯れそうなことなんです(TT) 去年まで全然手入れをせずにほったらかしていたのですが、テレビで新しく伸びた所から花がたくさん咲くと聞いたので去年の夏に結構切ってみたんです。半分以上。でも、根のほうはそのままにしてしまったので、今年は花が終わったら根をザックリと切って植え替えも兼ねて大きな鉢にしてあげようと思っていたんです。三回り大きな鉢をホームセンターに買いに行って、準備万端用意してあったんです。ところが、最近葉がどんどん茶色く枯れていって、つぼみは結構出てきているんですが、咲くのかどうか・・・。このまま枯れていきそうな勢いです。。。。今の時点で根を切った方がいいのか、花が終わるまで待った方がいいのか・・・。

玄関に置いているのですが、花が咲く時期は玄関の周りがとってもいい香りに包まれているので、朝出かける時も気分が良いし、帰ってきた時もすごくホッとします。一日中香りが続くので、夜中に帰ってきた時でも香水を吹きかけたようなフワ~~ンとした気分で家の中に入ることが出来て、本当に最高だったんです。水が足りないわけでもなさそうだし、つぼみが出てきているということは、最近までは問題無かったんだと思うんですけど、4月になってから何かがダメだったということなんでしょうね。悲しい・・・。やっぱり今すぐにでも根を切った方がいいんでしょうかねぇ?どなたか良い方法があったら教えてください m(_ _)m

イヤ~ン、今日はなんだか暗い話になっちゃいましたぁ(^^ゞ
でも、メゲないでがんばるぞぉ!!だってホントに素敵な花なんだもん♪

 ↓ 今日の話はちょっぴり悲しいけれど、1クリックで応援してください!!
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月25日
2005/04/25(Mon)
20050424223748.jpg

「パンジー」その1です。そして双子ちゃんのパンジーその1です♪白から薄紫のグラデーションがとても素敵ですよね(^^)うちには真っ白なパンジーもありますが、写真に撮るとノペッとした感じになってうまく撮れません。薄紫は大好きな色なので、お気に入りの一つです。

20050424223706.jpg

「パンジー」その2です。兄弟ですね。ん?姉妹かな?(^^)オレンジ色のパンジーは結構珍しいと思いませんか?写真だとうまく伝わらないかもしれないのですが、オレンジ色がとっても果物っぽくてジューシーなんです。オレンジ色の雫がトルンッて落ちてきそうですよ(^^) う~ん、なんとも甘くておいしそうだわ♪

20050424223817.jpg

「パンジー」その3です。三つ子ちゃんで~す。青色もとても綺麗ですよね。青といってもいろいろあると思うのですが、この青色はさわやかだと思いませんか?少し紫がかっている青ですが、いろいろな色のパンジーの中に混じっていると、他の花のコトも引き立ててくれるので名脇役といった感じでしょうか。

20050424223730.jpg

「パンジー」その4です。双子ちゃんその2ですね(^^)黄色いパンジーです。結構鮮やかな黄色なので、遠くからでも目立ちます。パンジーは数ヶ月間次々と花を咲かせてくれるので、とても重宝しますよね。春の早い時期から咲き始めてくれる花は少ないので、まだ閑散としている庭にはもってこいの花です。

20050424223853.jpg

フリージアです。以前にご紹介したフリージアの鉢がこんなに満開に咲きました。去年より肥料を多く上げたので、栄養満点だったのでしょうか?どの花も力強く咲いてくれています(^^) これを見てしまうと、お花屋さんで売っているフリージアを買う気がしなくなります(^^ゞ こんなに豪華に咲いたので、ご近所でも評判が良いんですよ♪


 ↓ いつもありがとうございます!!順位上がってます!!
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月24日
2005/04/24(Sun)
20050424001919.jpg

「おきざりす」です。玄関前の花壇にグランドカバーのように広がっています。クローバーのような葉がこんもりと隙間無く広がっている中に、鮮やかなピンク色の花が散らばっているので、ちょっとした野原のように見えます。何か語りかけてくるような気がしませんか?「うふふふ。見て見て!どう?私たち。うふふふ♪」 そんな感じですよね。

20050424001928.jpg

「わたしも、わたしも~!ねぇねぇ、私も~! 見て見て!どう?どう?うふふ、うふふふ♪」 この子たちも私に話し掛けてきました。楽しい楽しいお話をしました(^^) ちょっぴりオシャマな花たちです。コロコロと笑う花の声が春を満喫させてくれました。

20050424001947.jpg

以前にもご紹介したすみれ達が別の所でも満開でした。これだけを見ていると、山の中を散策している気がしませんか?木立の中をふと見てみたら、こんなに素敵な花束を見つけちゃった・・・。そんな空想も楽しいですね(^^)

20050424002012.jpg

「いちご」の花です。白くて小さな花を見つけて記念に撮ろうと思ったら、先客でした。アリさんです。我が家の庭には昔から大量のアリがいます。巣がどこにあるのか未だに分かりません。立て直す前の家は古い日本家屋だったので、春から夏に掛けては家の中でも結構アリがたくさん歩いていました(笑)

のん気な家族なので、毎年春になって廊下などでアリを見つけると「あら、アリさんこんにちわ~」などと言っていました。踏み潰さないように避けたりして(笑)家の中で群がっている姿は見たこと無いのですが、忘れずに毎年探検にやって来るので、同じアリが常連さんになってるのかしら?な~んて思ったりしてました(^^)ここに写っているアリさんは、一生懸命頭を突っ込んで花粉を食べているようでした。私が写真を撮り終わってもお食事はまだまだ続いていました。

 ↓ ありがとうございます!!50位以内に入りましたあl!!
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
パイレーツ・オブ・カリビアンを観て
2005/04/23(Sat)
えっと、今日は草花の写真ではなくて、映画のことを書きます。

なんか今更ズレズレの話題で申し訳ないのですがビデオでパイレーツ・オブ・ガリビアンを観ました。前から面白そうだなとは思っていたのですが、なんか怖いのかなぁ~なんて思って観てませんでした(^^ゞ  でも、よく考えたらディズニー作品なんだからそんなに衝撃的なわけは無いんですけどね・・・(笑)

宣伝とか、映画紹介の番組を見ていた時に想像していたストーリーとか人物設定とはちょっと違いました。良い意味で違ったんです。確か、もともとはディズニーランドのアトラクションの物語ですものね。私、ランドの中ではカリブの海賊が一番好きなアトラクションです。

日本とアメリカではアトラクションの進み方が違うんですよね。ストーリーは同じです。お人形もほとんど違いは無いです。違う所はボートに乗ったら日本は1度落ちるだけですが、アメリカは2度落ちます。それと一番の違いは、日本はただゲストが座って人形を見てるだけですがアメリカは、ジャングルクルーズのようにキャストが一隻一隻に付いていろんな演技をしてくれます。海賊のキャストも出てきます。二人で戦ったりします。面白いですよ~(笑)あっ、でもワールドのは乗ってないので知らないです。他にいっぱい行きたいトコがあって乗らなかったんですよね~。今考えると失敗したかも(笑)

話が反れちゃいましたね(^^ゞ  映画に話を戻しましょう。さすがにディズニーだけあって、家族で楽しめるように作られています「子供が不良に憧れる」路線を大人バージョンにしたような作品って感じでしょうか。

主な登場人物は、ヒロインでエリザベス役のキーラ・ナイトレイ。彼女はスターウォーズ・エピソード1に出演されていましたね。ヒロインのことが好きな鍛冶屋のウィル・ターナー役のオーランド・ブルーム。彼はロード・オブ・ザ・リングで弓の名手の役でしたね。悪者の海賊達のドン、バルボッサ船長役のジェフリー・ラッシュ。彼はシャインで主演男優賞を受賞された方です。そして、この物語のキーマン、一匹狼の海賊ジャック役のジョニー・デップ。シザーハンズ、スリーピー・ホロウに出演されてますね。

物語の大まかな内容です。
きっかけは、エリザベズが子供の頃に手にしたドクロマークの黄金のペンダント。彼女の父は海軍のトップ。海賊の取り締まりに力を入れています。しかし、人々には海賊の伝説が広まっています。残虐な海賊達が突然あらわれ、財宝を根こそぎ奪い、どこに潜んでいるのか誰も知らない。そしてまさにその海賊船ブラックパール号が突然港に現れます。町中が大パニックになる中、エリザベスも何とか逃げようとしますが、海賊達に捕まってしまいます。彼女はバルボッサ船長のいる海賊船ブラックパール号に連れられますがペンダントを使って取引をし、命は助かります。しかし、そのまま海賊達の砦に連れて行かれてしまいます。

エリザベスのことが好きな鍛冶屋のウィルは、何とか助けたいのですが方法がありません。そこで昼間、エリザベスを巻き込み一暴れして捕まっていた一匹狼の海賊ジャックの所へ。ジャックはブラックパール号の居場所を知っているのです。ウィルはジャックを檻から逃がす代わりにエリザベスの救出を手伝わせるという取引をし、海軍の船をくすねて海へ出ます。途中で仲間となる海賊達と合流し、ブラックパール号を追います。

ジャックとウィルが海賊達の砦に着くとそこでは、海賊達がエリザベスを囲み「これで呪いが解ける」と大騒ぎをしています。呪い、それはエリザベスが持っていたドクロマークのペンダントに掛けられていたのです。ペンダントは昔貨幣として使われていました。しかし、その貨幣を盗んだものは呪いを掛けられ生きることも死ぬこともできない亡霊の姿に変えられてしまうのです。バルボッサ船長率いる海賊達はその貨幣を盗み、月明かりの下では本当の姿。即ちミイラのような姿を現す亡霊となっていたのでした。呪いの掛けられた貨幣を全て集め、生き血を掛けて元に戻せば呪いは解ける。その為にブラックパール号の海賊達はあらゆる財宝を奪っていたのです。

しかし、最後の貨幣を戻しエリザベスの血を掛けても呪いは解けません。なぜなら、本当に必要な血はかつて仲間だったビル・ターナー、すなわちウィル・ターナーの父親の血だったからです。それに気づいているのはジャックただ一人。そこでジャックは騒いでいる海賊達の前へ現れ、言葉巧みにバルボッサ船長を言い包めてエリザベスを解放させます。影から見ていたウィルはジャックのことが信用できず、エリザベスだけを連れて仲間の待つ船へ戻ります。

エリザベスがペンダントと共に居なくなったことに気づいたバルボッサ船長は、海賊達と共に後を追います。追いつかれ、捕まってしまうエリザベスと仲間達。しかしウィルが自分はビル・ターナーの息子だ。自分の命と引き換えに彼女と仲間を助けろと取引します。呪いを解きたいバルボッサ船長達はその取引に応じ、ウィルを連れ砦に戻ります。エリザベスとジャックは無人島に置き去りにされますが、捜索していた父親たちの海軍船に助けられます。

今度こそ呪いが解けると喜ぶ海賊達。しかし、そこにまたまたジャックが現れます。「海軍が砦の目の前で待ち構えている。呪いを解いてしまったら全滅だ。チャンスが来るまで待て。海軍を倒してからでいい。今から海軍を全滅させよう」と持ちかけます。納得したバルボッサ船長は一先ず海軍船を乗っ取ることに決め、ウィルとジャックを砦に残します。海軍船では亡霊の姿となった海賊達と海軍の壮絶な戦いが始まっています。切りつけても突き刺しても死なない亡霊達。海軍の全滅は時間の問題です。しかしジャックはチャンスを伺っていました。貨幣とウィルの血が注がれれば呪いは解けるのです。

見張り役の亡霊達とバルボッサ船長の隙をついて戦いを仕掛けます。苦戦するジャックとウィル。しかし絶妙のタイミングでウィルは呪いを解き、ジャックはバルボッサ船長を倒します。海軍船でも亡霊の呪いが解かれ、海賊達が人間に戻っていました。一瞬にして勝利を手に入れた海軍。そして港に戻るとエリザベスは自分の意志を貫き鍛冶屋のウィルを選ぶことを父親に告げます。そしてジャックはいっしょに戦った新しい仲間達と共に海へと旅立って行きます。


う~~ん。結局ストーリー説明が長くなってしまった・・・。セリフは多少違うかもしれませんがそんな雰囲気だったと言うことでご容赦くださいね(^^)


主役のジョニーデップのアウトローさ加減がとてもライトだし、悲惨な過去を引きずらず、影も濃すぎない。セクシーさもクドくなくサラリとしています。今の二枚目というのは三枚目の要素が無いとダメなんでしょうね。アウトローなのにものすごく予想以上にズッコケなのがビックリでした。ここまでヌケてるアウトローなんて今までいたでしょうか?

コメディー的な要素がストーリーのあちこちに散りばめられていたので、彼の役柄もそれに合わせて作ったのでしょうけれどセクシーな彼だからこそ、ドジだけどキメる所はバッチリキメる愛すべきキャラクターとしてハマッテいたと思います。確か、この役でアカデミー賞にノミネートされてましたよね?当然ですよね。だって、とっても魅力的なキャラでしたもん。違う映画ですが、「ショコラ」もセクシーでしたよ~。私はあの映画の役どころも好き(^^)


エリザベス役のキーラ・ナイトレイは悪くなかったんだけど、もっと恋愛的な部分を掘り下げてもよかったかなと思います。私は見ていて、鍛冶屋のウィルではなく最後の最後で海賊のジャックとくっつくのかと思いました。でも、ちょっとおてんばで好奇心旺盛。芯がしっかりしていて、素直な心のキャラはピッタリだと思いました。

鍛冶屋のウィル役オーランド・ブルームはジョニー・デップの影にちょっと隠れてしまった感じでした。ロード・オブ・ザ・リングではすごく存在感のある役どころを演じているのに、今回は魅力がうまく伝わってきませんでした。存在感がもっと欲しかったです。ジョニー・デップといっぱい絡むいい役だったので、もっと癖のある感じが欲しかったかな。だって、結構やることが悪党っぽいんですよ(笑)裏切るし(笑)父親が海賊なんだから、もっと苦悩しても損は無いと思うんだけどなぁ・・・。最後に心が通じて助け合うけど、それまでがもっと反発したり絡み合ったりした方が面白かったと思います。せっかく口ひげとかも生やしてるのに、素直すぎる雰囲気がにじみ出ていて海賊と渡り合うようには見えません(笑)

それにしても、エリザベスがペンダントにしていたドクロ金貨の本当の持ち主がジャックじゃなくてウィルだとは・・・。だって、ジャックの登場の仕方とか風貌とか減らず口なトコとか女たらしなトコとか相手を言い包めちゃう姑息さとかピッタリだと思いませんか?結局は思いのほか良い人物だったのがお茶目で面白いんですが、あの流れは誤解を生む気が・・・。騙された私はとっても良い観客だったのでしょうか?(笑)結局ジャックは通りすがりの海賊なだけなんだもんね~。


 ↓ 一日に1クリックお願いします!! がんばってます!!
人気blogランキング
この記事のURL | 映画・ビデオのこと | CM(2) | TB(1) | ▲ top
庭の草花 4月22日
2005/04/22(Fri)
20050422003618.jpg

「フリージア」です。年々株がしっかりしているらしく、今年は花芽がたくさん出ています。ここに写っているのは黄色とピンクの二色ですが、もっと赤い花もあります。結構背が高くなる花なので、何も支えがないと横にダラ~ンと広がってしまうのが難点ですね。一本の茎に対して8~10ぐらい花が咲くのでかなり重いようです。上から順番に咲いていくので、以外と長く楽しむことが出来ます。とても華やかですしね(^^)

20050422003633.jpg

この黄色のフリージアのように、スックと上を向いて咲いているのを見ると、花のパワーを感じます。生きていくことの強さを隠すことなく見せてくれている気がしませんか?

20050422003702.jpg

「たいつりそう」です。玄関前の花壇に咲いているのですが、他の花に埋まりそうです(笑)派手さは無いのですが、やさしい色合いとハートの形がとってもかわいらしい花ですよね(^^)結構しっかりした花なので、少し触ったぐらいではキズがつきません。全体がプクッと膨らんでいるので、もし落ちてしまったらガラスのお皿に浮かべて楽しみたいと思います。

20050422003714.jpg

そして、唐突ですが我が家の夕食です。今日は私の好きな和食のメニューばかりでした。春ということで、右奥が竹の子の炊き込み御飯、その隣が竹の子とにんじん、ヒジキの炒め物、左にはキュウリ、キャベツ、パセリ、パプリカのサラダにほうれん草のおひたし、真中の白いものはウドです。手前には竹の子とハスと豚肉の炒め物、そしてトマトです。最近我が家ではワンプレートで食べることが流行っています。今まではおかずを別々のお皿に盛り付けていたのですが、一つにすると楽だし、食べる量が一目でわかるので食べ過ぎる心配がありません。でも、今日は竹の子の炊き込み御飯があまりにも美味しくてお代わりしてしまいました(^^ゞ 食欲には勝てませんよね~♪
そして、写真にブログ名を付けてみました。読めますか?これからもいろいろ試していこうと思います。

 ↓ 順調にランク上がっています(^^) 励みになります!!

人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月21日
2005/04/21(Thu)
20050420231759.jpg

窓辺に寄せ植えしている「パンジー」と、えっとぉ・・・白い花はなんだったかなぁ・・・?確か4文字の名前だと思ったんですけど、どうしても浮かびません(^^ゞ パンジーの色が鮮やかなので、白い花を一緒に植えるとコントラストがハッキリして結構目立ちますね。以前は玄関前に地植えしていたんですが、今年は気に入った鉢植えをまとめて10コぐらい買ったのでそれに植えてみました。バラバラの鉢に植えるよりも全然スッキリ見えるので大正解でした(^^)

20050420231814.jpg

同じ窓辺に植えてある「ミニシクラメン」です。この花は以外と丈夫みたいで、会社の近くのビルの谷間にある小さな植え込みにも植えてあるのを見ました。今年買ったばかりなので、うまく育ってくれることを期待しています(^^) パンジーの隙間におじゃまさせていますが、もしかしたら5月ぐらいに植え替えるかもしれません。

20050420231830.jpg

「もみじ」です。赤くて秋の紅葉のようですが、この時期はいつもこんな感じです。不思議ですよね~。春なんだからもっと青々とした葉が出てくるものだと思うのが普通ですよね。

20050420231844.jpg

でも、春だから花が咲いているんです。「実」ではないんですよ(笑)葉と同じ赤い色なので近づいてよく見ないと全然気がつきません。ここに写っている花はまだつぼみですが、花が開いてもとても小さいので咲いているのかどうか分かりにくいんです。同じ赤でもしっとりと落ち着いた色なので、庭の真中で枝が広がって育っているのですが圧迫感がありません。以前はすぐ目の前に「もっこく」という大きな木が植えてあったので、もっとヒョロヒョロした感じだったのですが、今はある程度日が当たるようになったので随分しっかりしてきました。


さてさて、今日はリローデッドの話を少ししてみようかと思います。普通に感想を書くのもなんなので、メイキングの話題を中心に目に止まったことを書きますね。

リアルワールドでみんなが暮らしている場所「ザイオン」を覚えていますか?ものすごい数の人たちが集まって踊りまくっている場面がありますよね。あの鍾乳洞の洞窟みたいな場所はどうやって作ったのかと思えば、やっぱり発泡スチロールでした(苦笑)そりゃそうよね~なんて納得してしまいましたが、あの湿気を含んだヌメリ感をどうやって作ったのかが不思議です。製作工程を見ていたら、四角い発泡スチロールを積み上げ粗く削った後にカッターのようなもので細かく形作っていました。周りには削った細かいクズが散乱していて、エアブラシで色付けをしていました。これが現実なんですね(^^ゞ

あの洞窟でモーフィアスが何千人もの前で「我々は決して恐れない!」と宣言した後にみんなが踊りだしますよね。トリニティー役の女優さんがその場面について「神の啓示のようだった」と言っていました。そうですよね~。私もあの場面はすっかりザイオンの住人気分で見ていました。そして自分の撮影については、「今回は短いカットが多かったわ。“アクション!・・2~3秒で・・ カット!”と言われて、情熱的なトリニティーになったと思った瞬間にカットよ・・・(苦笑)」とボヤかれてました(笑)大変なんですね~。

リローデッドの見所としてモーフィアス、トリニティー、キーメイカーが、追いかけてくるエージェントとツィンズから高速道路を逃げまわるシーンは外せませんね。あの高速道路は2.5キロあって、撮影に二ヶ月半掛かっているみたいです。トリニティーが逃げる時に乗っていた弾丸の穴だらけの車は全部で27台あったとか・・・。それぞれに凹みとかバンパーの壊れた部分とか撮影ごとに使い分けたとスタッフが話していました。それに、撮影をやり直すためにすべての車を元の位置に戻すのに30~40分ぐらい掛かっていたらしいですよ。

あの撮影をするに当たっての関係スタッフの会議で、ストーリーボードが配られてみんなが一通り内容を確認し、出席者全員が「ふんふん・・・。で、(誰が)どうやって撮影する??」と言ったらしいです(笑)内心は「オイオイ、マジかよ?」って感じでしょうか?その後、ミニチュアセットで綿密な打ち合わせをしていて、「ここからここまでは何秒かかる?」「時速が80kmだから1分15秒・・・」という秒単位でアクションの計画が立てられていました。3DCGで撮影前のシミュレーション画像を作って、カメラアングルとかも詳細に決めて撮影をしたようです。シミュレーション画像が少し写っていましたが、本チャンのものと寸分違わずという場面構成になっていました。

そうそう、エージェント・スミス役の役者さんが、自分の顔のマスクをつけた出番待ちをしている何人かのクローンエージェント達の前に立って、頭を指差して「髪が少ないよね・・。自分で鏡を見ても気にならないんだ。でも、横(マスクをつけたスミスのクローン役者)を見るとうわぁ~!この髪(生え際)はドコへ~!!」と叫んでいたのがメチャメチャ笑えました!

 ↓ いつもありがとうございます!!励みになります!!
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月20日
2005/04/20(Wed)
20050420020039.jpg

「すみれ」です。5~10センチぐらいの大きさです。小さな花ですが、弱々しいというよりもしなやかな強さを持った花だと思いませんか?土の近くでしっかりと育つ。そんな感じですよね。この花も庭のあちこちに増えています。

20050420020028.jpg

すみれのアップです。目線を下げてよく見ると、花全体から気品を感じます。凛とした美しさがありますよね(^^)

20050420015956.jpg

先日もご紹介した「さくら草」です。こんなアスファルトの隙間にもしっかりと根を張ってたくさんの花を咲かせています。花壇に咲いている花からタネが飛んだらしく、過酷な場所でもたくましく育っていたので、思わず記念にパチリと撮りました。植物の生命力ってすごいですね。

20050420020012.jpg

「シダ」の新芽が伸びてきました。我が家は日当たり最悪の家なので苦労が多いのですが、その代わりにシダは良く育ちます(笑)一日中直射日光があたらない場所も多くて葉っぱものしか育たない場所もあります。でも、このシダは夏に水遣りをした時などはとても涼しげなので、結構気に入っています。た~まに料理の時に添え物として使います。焼き魚やお刺身などを盛り付ける時に下に敷くと料亭気分が味わえます(笑)

本当は今日、リローデッドの話題を書こうと思ったのですが、いろいろあって・・・。えっと、今週は「庭の草花の話題強化週間」ということで、暫くの間お花の話題を書いていこうと思います。最近デジカメを買ったばかりということもあるし、閑散としていた庭にやっといろいろな花が咲き始めたということもあって、どうやって大好きな花々をご紹介しようかということに気がいっています。ネットにはプロのようにステキにお花を写していらっしゃる方のHPがたくさんあって、参考にしています。同じ花でも撮る角度とか、どこまで近づいて撮るかによって全然印象が違ってしまうので難しいですね。

写真を撮るようになって、今までただ上から眺めていただけだった花を下から見上げたり、ものすごく近づいて見たりすると新しい発見があります。離れてみると気が付かないけれど、近づいたら花びらに細かい筋があって全体の色がグラデーションになって見えているとか、同じ花でも太陽があたっている場所の花の色と日陰の花の色は色合いが違うとか・・・。写真を撮った時はいいと思っても、パソコンで確認すると魅力が全然無い花に見えてしまうこともあって、ボツになることもしばしばです。

お花を写す時は、みなさん何に気をつけていらっしゃるんでしょうね~?数多くやっていくうちになんとなく分かるものなのでしょうか?もっとステキな写真がたくさん撮れるようになりたいな~!!


 ↓ ありがとうございます!!70位代になりましたぁ \(^^)/
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月19日
2005/04/19(Tue)
20050419014246.jpg
「ムスカリ」です。10センチから15センチぐらいの大きさなので、うっかりすると他の草花に埋もれてしまいそうです(笑)じっと眺めていると、ポッ・・ポッ・・ポッ・・と一つ一つの小さな花からしゃぼん玉のようなものが出てきて、フワフワと風に乗っていく気がしませんか?(^^) とてもきれいな青い色なので、寄せ植えなどにも重宝すると思います。ただ、一株ずつではなく、4~5株ぐらいまとめて植えた方が見栄えがすると思います。

20050419014232.jpg

「はなのおう」です。この花も庭のあちこちに植えてあります。緑と黄色のコントラストがとてもさわやかですね(^^)菜の花も緑と黄色できれいなのですが、この花のほうが可憐で周りの草花にも溶け込んでいると思います。30センチぐらいの高さになります。一株でいくつも花を咲かせるし、葉が四方に広がるので、ある程度余裕のある場所に植えることをお勧めします。

20050419014210.jpg

「だいこんのはな」です。うすい紫色がとても素敵な花ですね(^^) はなのおうと同じである程度広がりますが、葉の数が以外と少ないので2~3株まとめて植えた方が存在感が増すと思います。このだいこんの花やムスカリなど青色系統の花はあまり目立ちませんが、いろいろな色の花の中に少し入っていると、すべての色を調和してくれるような気がします。

20050419014150.jpg

「じゃが」がこんなにたくさん咲きました(^^) 先日撮った時は一輪しか咲いていませんでしたが、次々とつぼみが出てきているのでしばらくの間楽しめそうです。後ろに「はなのおう」も少し写っていますね。寄せ植えというほどのものでは無いのですが、植木鉢の草花は同じ鉢に何種類か植えていることが多いので、今日ご紹介したムスカリやだいこんの花もいろんな鉢におじゃましています(^^)

丁度今の時期は、今日ご紹介した花々が庭のあちこちにも点在していて、下だけ見て歩くと野原のような雰囲気をかもし出しています。これでうちの庭も、もっと日当たりの良い庭だったらなぁ・・・なんて思いながらも育つかどうかわからない花も結構無理やり植えてみたりしてます(苦笑)いつの間にかいなくなっている花はいったい何種類あることやら・・・。

今日は花の話題のみですぅ。マトリックスの話題はまた明日にでも・・・。 っえ?今更もういい? まぁまぁ、そう言わずにもう一回だけお付き合いくださいね♪

 ↓ ありがとうございます!!90位代になりましたぁ!(^^)
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
庭の草花 4月18日
2005/04/18(Mon)
20050418025128.jpg

庭に植えてある「どうだんつつじ」です。今年も満開になりました。桜と同じで葉が芽吹く前に花がたくさん咲き始めます。遠くから見ると一瞬、雪が積もっているように見えます。小さな花が鈴なりっていう状態ですよね。

20050418025141.jpg

近くで見るとこんな感じです。すずらんに似ていると思いませんか?うちのすずらんの花が咲くのは少し先のようですが・・・。真っ白で本当に綺麗ですよね。下向きに咲いているのがちょっともったいないような気がしませんか?もっと背の高い木だったら下から見上げて一面の花を満喫できるのに・・・なんて思ったります。


予告してしまったので、今更ですがマトリックスシリーズの感想などをお話しようかと・・・。最初のマトリックスを見たのもリローデッドもリビジデッドも全部ビデオなのであしからず(^^ゞ マトリックスの印象に残ったところを順番に・・・。ご覧になった方は一緒に思い出してください。以外と細かい所とか忘れてるもんなんですよね~。

最初にウギャ~!!って思ったのは、ネオがエージェントに捕まって尋問されるシーンです。ネオの口がウニョ~ンってふさがっちゃうトコですね。あれはキモイですぅ・・・。背中がゾワゾワしちゃいます。赤い椅子に座ってモーフィアスがネオに青と赤のカプセルを選ばせるシーンの部屋はリローデッドでも出てきますよね。覚えてますぅ??次にオォ~っと思ったのは、ネオがリアルワールドで目覚めるトコですね。あの赤く光るカプセルが整然と並んでるのも「なんなんじゃこりゃ!?」って感じで不気味ですが、カニ?タコ?昆虫?みたいな機械が妙にしなやか~な動きをするのも結構不気味です(笑)

訓練の中に街中でたくさんの人達にすれ違いながらをモーフィアスの話を聞くシーンがありますが、ここに出てきている方々の中に、双子さん達がたくさんご出演されているって知ってますか?私は意識的に見ても全然分かりませんでしたが・・・(苦笑) そして、超有名なネオがエージェントの撃つピストルの弾を避けるシーン。このシーンを見た時はうっわ~カッコイイ~!!と思いましたよ~(^^) でも、弾を避ける時の止まった状態でグルグル回るカメラアングルも斬新でしたが、私はピストルの弾が飛んでいる時の空気が波紋のように広がるトコがとてもリアル感があって好きです。マトリックスの世界観をよく表していると思います。そして目がクギヅケになってしまうシーンといえば、モーフィアスを助けるためにネオがヘリコプターから銃弾をぶっ放すところです。

意識が朦朧としているモーフィアス。嵐のように降り注ぐ弾丸の中、意識が戻ったモーフィアスは手錠を引きちぎり、真っ直ぐにネオに向かって走り出します。エージェントに足を撃たれバランスを崩しますが、ビルから飛び降りるモーフィアスにはネオに対する揺ぎ無い信頼感が溢れています。そして、モーフィアスを受け止める為に何の躊躇も無くヘリコプターから飛び出すネオにも「絶対オレが助ける!」という強い思いが感じられます。そして、燃料タンクに銃撃を受けたヘリコプターがビルに激突する場面でも、トリニティーを助ける為に「えっ?ち・・ちょっと何するの!?」という行動を取ります。モーフィアスを助ける時もトリニティーを助ける時も、考える前に迷い無く行動してるネオは、周りのみんなを信頼しているのに、自分自身のことを一番信じられなくて迷っているんでしょうね。

この映画は斬新な映像表現が一番のウリだったと思うのですが、ストップモーションやスローモーションによって激しいアクションシーンをより効果的に見せるなんて、すごく歌舞伎的な発想だと思いませんか?“イイトコ”がバッチリ印象に残るし、アクションだからってただ動きがハデで速けりゃいいってもんじゃないんですよね~。私はこの映画のリズムの良さがとても好きです。メリハリがあって。

なんか長くなりそうなので、今日はここまでです。  っていうか、もうこの話はいいって感じ?
明日はどうしよう・・・延々と書きそうなんだけどなぁ~。


「とりあえず、今日はクリックしてあげる」という方はお願いします m(_ _)m
人気blogランキング

この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月17日
2005/04/17(Sun)
20050417001542.jpg

この春に買った花です。「ゼラニウム」だったかな?満開に咲いていて、とても華やかですね。写真で見るよりも、もっと鮮やかなピンク色です。しっかりした一本の茎に20~30ぐらいの花がアジサイのように咲くので、一株あるだけでも存在感がありますね(^^)

20050417001554.jpg

これも今年買った「金柑」です。草花は見ているだけで楽しいのですが、何か実のなるものって更に楽しみが上乗せされるような気がしませんか?今年はどのくらい実になるのかなぁ~とか、いつになったら熟すかなぁ~とか、収穫時期が近づくとウキウキしてしまいます(^^)

金柑はそのまま食べても美味しいですが、煮詰めてジャムのようにしてもおいしいんですよね~♪オレンジのジャムとは風味が違うので、和風のお菓子に合うんですよね。例えばカンテンとか葛きりなんかにかけて食べたり、冷凍庫に保存していたものを夏にカルピスといっしょにカキ氷にかけて食べたりしてもおいしいんですよね~(^^)


そろそろゴールデンウィークが近くなってきましたね。旅行に出かけるご予定の方もいらっしゃるでしょうね。私はまだはっきりとしたことは決まってません。どうしようかなぁ~なんて考えていたら、新作映画が封切られる時期だったことを思い出して、何が始まるのか検索してみました。私はそんなに多くの映画を見る方では無いと思います。ビデオを借りる方が全然多いです。レディースデイを使えば千円で見ることが出来ますが、それって会社帰りなるのでやっぱり忘れちゃいますよね。普段は1800円もするので、やっぱりもったいなくて観に行きません。それに、あと700円足したら歌舞伎座で4時間たっぷり人間国宝の演技が見れて、演奏が聞けて、豪華な衣装も見れて・・・なんて考えてしまうと、まぁいっか・・・なんて思ってしまう私は老けてるんでしょうか?(笑)

歌舞伎のことはとりあえず置いといて、気になった映画のことを少しお話しますね。既に上映されている映画の中では「オペラ座の怪人」「ナショナルトレジャー」は気になります。「オペラ座の怪人は」高校生の時に劇団四季のミュージカルを観に行きました。あの舞台も素晴らしかったなぁ~。怪人役は市村正親さんでした。今回の映画の予告編とかアメリカの公式ホームページなんかを見ると、怪人がとても若いですよね。主人公のクリスティーヌが怪人ではなくラウルを好きになってしまうのですが、ほとんど年代が変わらないような気がしました。私の怪人のイメージは「もうちょっと年上で、父親のような包容力が強く出るタイプの人」なので、予告編などを見ただけですが怪人とクリスティーヌの二人の関係の印象が随分違います。

これから始まる映画で気になるのはやっぱり「コンスタンティン」でしょうかねぇ。アメリカのホームページなどを見ると、評論家の評価より一般の評価の方が少し高いようです。私は「マトリックス」シリーズは好きなので、きっと楽しく見ることができるような気がしますが、いろいろなサイトでの紹介のされ方が「ホラー」となっているのが気になります・・・(苦笑)怖いんでしょうかねぇ??たしかに「地獄」がでてくるようなのでハラハラドキドキするでしょうけれど、キアヌ・リーブス本人がとても入れ込んでいる作品のようなので見てみたいと思います。

そうだ、次回は今更の話題かもしれませんが「マトリックス」三部作について書いてみようかなぁ・・・

クリック ↓ ありがとうございます!!ランクもう少しで100位以内です(^^)
人気blogランキング

この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
庭の草花 4月16日
2005/04/16(Sat)
20050415225619.jpg

東京では月火水と寒い雨が続いていましたが、木曜、金曜と良いお天気になりましたね。庭の草花も一気に春の装いになりました。これは玄関前の花壇に咲いている「おきざりす」です。この花はあちこちに増えていくので、家の前のコンクリートの小さな隙間にも綺麗な花を咲かせています。玄関前の花壇だけでなく、庭の方にもあちこちで咲いています。気をつけないとどんどん増えてしまい、他の花の芽を覆ってしまうので時々間引きします。

3月はこの花壇の同じ場所で水仙が咲いていました。なので写真にも水仙の細長い葉がたくさん写っていますね(^^)水仙の葉の隙間を埋めつくすようなたくさんのピンク色の小さな花を見ると、まるで野原を散歩しているような気がします。小さな虫たちもたくさん遊びに来ていました。写真を撮っている私の手にも休憩をしに来て、「ねぇねぇ、何してるのぉ~?」と言っているようでした(^^)

20050415225638.jpg

先日、日比谷公園に行った時にたくさん咲いていて、遠くから見ると少し地味なのですが近くで見るとすっごく綺麗でお気に入りだぁ~!!と思っていた花が、家でも咲いていました(^^ゞ そういえば、去年も咲いていたんだった・・・。すっかり忘れてました。。。「しゃが」です。私の中のイメージでは、少しサギ草に似ているような気がしているのですがみなさんどう思われますか?

花の大きさは500円玉4~5コ分ぐらいでしょうか。ハデさは無いですが、なんとも気品があってウットリしてしまいます。和風の庭などにはピッタリの花ですね(^^)あやめなどと混ぜてたくさん植えても素敵な庭になりそう♪我が家では日当たりの問題で素焼きの鉢に植えていて、なるべく日のあたる所に置いています。


話は全然飛びますが、みなさん「優しい時間」というドラマはご覧になってましたか?3月に終わりましたが、私は毎週楽しみにしていました。学生の頃は毎週楽しみにしていたドラマが何かしらあったのですが、社会人になってからはどういうわけかほとんど見ませんでした。たまたま生活リズムに合う時間帯にドラマをやっていたら見るぐらいで、欠かさず見たいとは思わなかったんです。自分としては、これは大人になったということなのかしら??なんて勝手に納得していたのですが、何故最近ほとんど見なくなったのかったのかが今回分かりました。

それはドラマが「こちらが考える隙を与えないほど次から次へと説明的に進むから」だったんです。ドラマを見る時、だいたいは出演者の誰かしらに思い入れを持って見ますよね?主人公だったり恋人だったり。その場面に出ている俳優の誰かしらに共感して見るものだと思うのですが、みなさんはいかがですか?でも、最近のドラマってあまりにも懇切丁寧に伝えてくださるので、ただダラダラと受動的に場面展開を目で追っているだけだと思うんです。

「優しい時間」は久々に面白くて、落ち着いてみることが出来るドラマでした。主人公の苦悩、主人公のお父さんの気持ち、主人公の彼女の思い、おばさんの心遣い、お世話になっている窯元の心意気などなど、さすがに脚本家の倉本さんというのはすごい!!って思いました。見る側の想像力を描きたてる「隙間」というか「余裕」というか、受け手が思いを馳せることができるように“決め付けない”のに伝えたいことはしっかり伝わってくるドラマでした。

きっとそのうちレンタルビデオに並ぶと思うので、時間があったらご覧になってください。目先の派手さに惑わされない、暖かくて素敵な物語です(^^)

一日に1回クリックしないといけないそうで・・・。
 ↓ 宜しくお願いします m(_ _)m
人気blogランキング
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
エターナル・サンシャインを見て
2005/04/15(Fri)
20050414221221.jpg

今更桜の写真を載せるのもどうかと思ったのですが、丁度映画を見た時は桜がとても綺麗な時期だったので「思い出」ということで載せました。

20050414221236.jpg

写真では分かりにくいのですが、後ろに写っている桜の花と菜の花とのコントラストがとても綺麗だなと思いました。

20050414221250.jpg

満開に咲いている桜の木に包まれているような気がしますよね。

20050414221308.jpg

今年は桜が散るのがとても早かったと思いませんか?満開になった数日後に雨で全部散ってしまうし・・・もうちょっと長く楽しみたかったですね~。

先日、エターナル・サンシャインを見ました。超大作では無いのでハデな宣伝はしていませんが、出演者はそれなりに豪華です。主役の二人はジム・キャリーとケイト・ウィンスレットです。

「ジョエル」役のジム・キャリーは「バットマン フォーエヴァー」「マスク」や「グリンチ」などでもおなじみですね。ゴールデンウィークからは「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 」が公開されます。彼の出演作品は、特殊メイクバリバリの個性的な役が印象的ですね。もともとコメディアンということもあるのでしょうが、なんと言ってもあの「表情」の豊かさに敵う人はいません!!(笑)でも、「トゥルーマン・ショー」はシリアスな役だったので、今までのイメージが強かった私は、ちょっと「あれぇ~・・?」という感じでした。でも、今回の映画では全然違和感無く一人の役者として観ることが出来ました。

「クレメンタイン」役のケイト・ウィンスレットは言わずと知れた「タイタニック」の「令嬢ローズ」役でアカデミー賞にノミネートされましたね。あの時は若さ溢れる演技でとても好感が持てました。今年の初めには「ネバーランド」にも出演されていましたね。でも、今回の映画ではネバーランドの時とは全然雰囲気の違う役です。両方ご覧になれば、女優さんって役によって本当に雰囲気が全く違う人物になれるんだと驚いてしまうのではないかしら。

この映画はドキュメンタリータッチで描かれています。現実の話が半分、ジムの頭の中の出来事が半分という構成です。現実の時間軸とジムの頭の記憶が交錯して話が進むのですが、現実の出来事との絡み方がテンポ良く、違和感無く見ることが出来ました。ジムの記憶が崩れていく様子や、目の前の情景がいろいろな記憶と共に次々と変化していく様子はリアル感があってとても良かったです。寝ている時の夢の世界を具現化したらこうだよねって感じです。

結構特殊撮影を駆使して撮った映画だと思うのですが、いかにも特殊撮影、VFXバリバリという印象を持たせず、あくまでもさりげなくやっているところが押し付けがましく無くて好きです。ただ、映画館の大画面でわざわざ見なくてもいいかなぁ~って気もちょっとしました(^^ゞ 大迫力って分けでもないし、大感動って分けでもないです。じんわりと心に溜まっていく映画で、見終わった後も暫く不思議な感覚が残ります。でも、ぜひぜひご覧下さい!!とは言えないかなぁ・・・。見る機会が無ければ、ビデオを借りて休日に見るのもOKだと思います。彼氏と観に行く映画ってわけでは・・・。どうしても暇なら一人でご覧になることをお勧めします。

こんなこと書いて見る気が失せてしまった方もいらっしゃるかしら?でも、ダメダメ映画ってわけじゃ決して無いですよ!表現が難しいのですが、構成がよく作られている映画と言うか、玄人受けすると言うか、創りはちゃんとしてるけどインパクトに欠けるって感じでしょうかねぇ。

登録したので ↓ クリックしていただけると嬉しいです(^^)
人気blogランキング

映画の内容を知りたい方は↓下の続きを読むへどうぞ(^^)
この記事のURL | 映画・ビデオのこと | CM(0) | TB(1) | ▲ top
アラビア語の不思議なところ
2005/04/14(Thu)
20050412032436s.jpg


春になると庭の石の間やコンクリートの変わりに敷き詰めたレンガの隙間を埋めるように生える「ゆきのした」です。天ぷらにして食べると結構おいしいんですよ(^^)葉っぱが大きくても小さくても味はそれほど変わりません。大きいほうが少し歯ごたえがあるかなぁ~って感じです。毎年勝手に増えます。2~3ミリの隙間があればどごでも伸びていくので、うっかりしているととんでもない場所まで占領されてしまいます(笑)日当たりが良ければ手のひらサイズまで葉が大きくなりますが、我が家はとても日当たりの悪い家なので、かわいらしい葉が一面に広がっていきます。

さて、細々とアラビア語の勉強は続けています。最近は文字も少し覚えました。でも、とてもよく似た形の文字がたくさんあるので、まだ全部見分けがつきません(^^ゞ アラビア語を始めた人が最初にくじけちゃうところが文字の勉強なのだそうです。私は自分がそうなりつつあるので、すご~~~く良く分かります(苦笑)

一番混乱するのは、英語と違って筆記体が一文字について3種類あるということです。ここではアラビア語の文字を駆けないので記号で書きますね。たとえば何か単語の中に○という文字があったとします。「○☆☆☆」という単語を書く場合“○”は一番先頭ですね。なので「◎☆☆☆」と書きます。文字が単語の中にあった場合は「☆ ゚ ☆☆」となり、文字が単語の最後にあったら「「☆☆☆●」というように形が変化します。なので、一文字に対して4つの形を覚えなければいけないんです。しかも、よく似た筆記体がたくさんあって、点の位置や点の数だけが違ったり、後ろの文字と繋がるか繋がらないかの違いだけだったり、と私の頭の中はもぉ大混乱です!!なので、覚えやすい文字から自然に覚えればいいやと思い、がんばらないことにしました(笑)

アラビア語を習う時も英会話の時と同じようにあいさつをいくつか覚えるのですが、アラビア語が一般的な挨拶と違う所は「同じ挨拶を相手に返さない」というところです。どういうことかというと、例えば普通は「おはよう」と言えば相手も「おはよう」と言いますよね?しかしアラビア語の場合は違います。直訳すると「良いことの朝」と言うと相手は「光の朝」と返します。英語でも「おはよう」は「GOOD MORNING = 良い朝」なので意味に違和感は無いのですが、一部ちょっと違う言葉で返事をしなければいけないところが難しいですよね。覚えなきゃいけない言葉数が倍になりますから・・・。

それでも、まるで呪文のように聞こえる言葉の意味が分かると、結構楽しいです。アラビア語といえば「アラジンと魔法のランプ」とか「千夜一夜物語」「アラビアンナイト」ぐらいしか思い浮かびませんが、もっともっとたくさん勉強して原語の本を読むことができたら素敵だと思いませんか?翻訳からは感じ取ることの出来ないその時代の空気に触れることが出来るような気がするんです。

とりあえず、なんとかして全部の文字の違いを覚えないとどうにもなりません。カンタンな文章さえ読めないし、自分の名前すら書けませんからねぇ~。もうちょっと時間が掛かりそうだなぁ・・・。うむ。がんばらねば。

なんだか今日はただのボヤキになってしまいました・・・ ハハ。。。
この記事のURL | 思ったこと | CM(2) | TB(1) | ▲ top
小さなお茶会 その3
2005/04/13(Wed)
20050412032517.jpg


3月のはじめ頃に撮った写真です。植木鉢に最初に咲いた一輪目の黄色い小さな花です。この後次々とたくさん花が咲きました。まだちょっと寒そうに見える写真ですね(^^)

小さなお茶会その3 ぷりんがカップを割ってしまった話です。

ガチャン☆☆☆☆☆「キャァ!!」
台所でぷりんが座り込んでいます。床には砕けてしまったカップ。それはもっぷとおそろいの黄色いモーニングカップだったのです。もっぷが驚いて台所へやってきます。「何かこわしたの?ケガしなかった?」 ぷりんはしょんぼりした顔で、「あのカップでお茶を飲むと、いつも幸せな気分になったのに・・・」と目から涙が溢れています。もっぷも残念そうにしますが、とりあえずぷりんを連れて居間へ行きます。

たくさんのクッションに囲まれながら二人は並んで座り、もっぷはやさしく話し掛けます。「ボクのカップは植木鉢になってもらえばいいし・・・。今度街へ行ったら新しいおそろいのカップを買おう!やもめになったボクのカップには「ねこサフラン」を植えて花をいっぱい咲かそう!!」そう言ってぷりんを励ましたのです。

「そうね、一番初めに咲いた花には黄色いリボンをつけてあげたいわ」とぷりんも少し元気を取り戻しました。「悲しいことがあったら、何か楽しいことを考えよう!」と、もっぷはさらに励まし、ぷりんが入れようとしていたお茶を「代わりに入れてくるよ。トクベツおいしいのを・・・」と言いながらいそいそと台所へ向かいました。ぷりんは「ありがとう。もっぷ」とにっこり微笑み、もっぷの後姿を見ています。

・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・
がっかりしている人を励ますのって結構難しいと思いませんか?自分も同じように悲しい気持ちの状態なら、なお更どういう言葉を掛けたらいいのか迷いますよね。「大丈夫。たいしたことじゃ無いよ。」と言って返って相手を傷つけてしまうこともあるし、悲しい気持ちに協調したことで更に落ち込ませてしまったり・・・。私は結構人から相談されることが多いので、毎回毎回悩みます。

今回のお話のポイントは、“二人とも気に入っていたカップ” をぷりんが割ってしまった。という所です。ぷりんの悲しみはいくつかあるのだと思います。まず一つ目は自分も気に入っていたカップなのに不注意で壊してしまったこと。二つ目はもっぷとの楽しいお茶の時間の思い出に傷をつけてしまった・・と思ったこと。三つ目はもうこの先このカップでは楽しい思い出を作ることが出来ない・・と思ったこと。四つ目は自分が悲しい以上に、きっともっぷをすごく悲しませてしまう・・と思ったこと。

もっぷはカップが壊れてしまったのはたしかに残念だったはずです。けれど、そのことで自分以上にぷりんが深く傷ついていると気づき、その解決策をぷりんが喜ぶ方法で探っています。「花を植えよう」と言ったのは、ペアカップとして二人で楽しむことは出来なくなったけれど、花を植えれば花といっしょに残ったカップも二人で楽しむことが出来ると伝えたかったのでしょう。「新しいおそろいのカップを買ってこよう」と言ったのは、新しいカップを買って、二人で新しい思い出を作ればいい。ボクは全然気にしていない。と伝えたかったのでしょうね。

「大丈夫だよ。気にしてないよ」と言うだけでは伝わらないことってたくさんあるんですね。そして、もっぷのように言葉に出して言わなくても伝えることができるんですね。

次回は、平屋建ての家に「二階が欲しい」と二人でがんばるお話です。
この記事のURL | 小さなお茶会のこと | CM(3) | TB(0) | ▲ top
お花見へ行ってきました その3 バーにて
2005/04/12(Tue)
20050412032625.jpg

今日の話とは関係ありませんが、庭の花の写真を載せます。名前は・・・忘れました(笑)

延々と続くお花見当日の話題です。結局バーへ入ってしまったところからですね。
そこのバーはだいたい一人で行くのですが、女性で一人で飲んでいる人はあまりいないようです。男性は多いんですけどね。結構人気のあるバーなので、金曜日などは滅多に入れません。タイミングが良ければ入れるかもと思って5~6回行ってみましたが、一度しか入ることが出来ませんでした。事前に電話で確認すればいいんですけどね~。

今回は店に入って最初に「今日は絶対絶対一杯で帰る」と宣言してカクテルを頼みました。毎回毎回違うカクテルを造ってくださるので名前が覚えられないのですが、今日は名前の由来も教えていただいたので覚えているはず。「ディザーヒーラー」です。たぶん・・・あれ??ちょっと違ったかな?定番カクテルらしいので調べたら正しい名前が分かるはず。ロングで果汁を使わない甘口のフルーティーなものがいいと言ったらこうなりました。私はカクテルの名前を全然知らないので、いつもこんなのが飲みたいとしか言えないのですが、メニューに無いレパートリーを楽しむことが出来てちょっとおトクな気分になります(^^)

名前の由来はディザーは砂漠の砂、ヒーラーは癒しのヒールから来ているそうです。喉の渇きを癒すって感じでしょうか?色はうすいピンク色で甘めです。たしかイチゴのリキュールも入っていたような・・・。8割ぐらい飲み終わった頃にはなんだかもう一杯飲みたいな~という気分になってしまい、今日は早く帰ろうと思っていたのに遅くなるのもな~なんて一人でブツブツしていたら、「お勧めのブランデーがあるんですがいかがですか?」と言われ「うっ、、、そうですね。お願いします・・・」と答えてしまいました。テヘヘ。

私の好きなお酒はグラッパ、バーボン、日本酒なんです。ビールとか焼酎、ウィスキーは味があんまり好みでないので飲みません。こう書くとなんだか酒豪のようですが、全然強くは無いんです。どっちかというと弱い方だと思います。飲むと全身が赤くなります。そして心臓がトクトクと早くなります。なので深酒はしません。というか出来ません(笑)居酒屋へ行っても4~5杯が限度です。バーに行く時は必ず食事をしないで飲むだけなので、いつも2杯で帰ります。一人ということもありますしね。

無知な私はブランデーが葡萄から作られているというのを知りませんでした。だからウィスキーとは味が違うんだ・・・と納得。今まではイメージでウィスキーの製造過程でブランデーになるのとウイスキーになるのと分かれるのかと思ってました。ウィスキーも味が好みではないので、バーに行ってもそういったたぐいのものは注文したことが無かったのですが、バーテンダーの方々とお酒の種類とか原料、作り方などを教えていただいて初めてちゃんと分かりました。かなり嬉しかったです。

ブランデーもちゃんと飲んだのは初めてぐらいです。12年物とのことなのですが、一口飲むと口の中一杯にやわらかな樽の香りがフワ~~ッと広がって鼻に抜けていきます。飲み込んだ後も口の中では香りが残り続けます。余計なおつまみなんて全然必要無いのがよ~~~く分かりました。強いお酒なのでお水を飲みながら飲んでいたのですが、お水で香りが流れてしまうのがもったいなくて、もっとお酒が強かったら良かったのに・・・と思いました。これも試してくださいと出されたチョコレートを一口食べてみたら、これがまたバツグンに合うんです!!乾燥したイチジクをチョコでコーティングしたものだったのですが、チョコを一口、ブランデーを一口、なんでやっていたら止まりません!!このチョコは明治屋で売っているとのことだったので、次回銀座方面へ出かけた時には必ず買って帰ろうと心に決めました(^^)

もう一杯飲むと終電に間に合わなくなりそうだったので、「次回はバーボンで(^^)」と宣言しながら店を後にしました。駅についたのが11時半ぐらい。さすがにこの時間になると寒いです。でも、昼から友達とランチして、お花見をして、お茶をして、ショッピングに行って、バーで飲んで・・・なんて充実した一日なんでしょう!!(笑)イベントがテンコ盛りの一日でした(^^)
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お花見へ行ってきました その2 カフェとバー
2005/04/11(Mon)
お花見後のお話です。お気に入りのカフェへ・・・っていうところからですね。

銀座にはお気に入りのカフェがいくつかあります。その中で日比谷公園に比較的近い「ル・カフェ・ブルー」というお店に行きました。渋谷と青山にもあるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。ここのブレンドティーはメチャメチャおいしいです!! 私は普段コーヒー党なので、紅茶を飲むことは少ないんです。でも、ここのブレンドティーを飲んで今までの私の紅茶のイメージを180度ひっくり返されました。人生の中で飲んだ紅茶NO.1です!!

ブレンドテイーは10種類ぐらいです。もしかしたらフレーバーティーと言った方がイメージしやすいかもしれませんね。私はまだ全酒類を飲んでいないのですが、今日飲んだのはアッサムをベースにストロベリー、ラズベリー等、赤いベリー系のものを4~5種類ブレンドしてありました。これがまた香りがとってもスイートで爽やか!!前に飲んだのは確かダージリンがベースだったような・・・。もう1杯おかわりしたくなっちゃう紅茶はここだけです。そしてケーキもおいしいです。ここのミルクレープはちょっと味が違います。たぶん何かリキュールが入っているらしく、口に入れた時、甘さと共にフワッといい香りが広がります。これがまた紅茶に合うんですぅ~(^^)

お店の雰囲気も素敵です。スタイリッシュな造りになっているのですが、テーブルクロスやウィンドウフードなどが深い青色だったり、壁の埋め込みライトにはイタリアのカフェのようなデザインのカバーがしてあったりして、全体的にとても落ち着いた雰囲気です。スタイリッシュなデザインのカフェって多いんですけど、どうしても店全体の雰囲気が軽いところが多いので落ち着けない気がしていたのですが、ここは洗練されていてなおかつ軽すぎない絶妙な造りになっています。

夜はディナーもできます。日が落ちると店全体の照明を結構落とします。各テーブルにはキャンドルが置かれます。私たちがカフェに入ったのは4時半ぐらいだったのですが、ついつい長居をしてしまい6時半ぐらいまで居ました(^^ゞ きっとお店の人も早く帰れ!って思っていたことでしょう(笑)周りのお客さん達はほとんどデイナーでしたからね~。ハハハ。

その後あちこちの服屋を見たり、アクセサリーを見たり、プランタンに入ったりしました。プランタンでは初夏に重宝しそうな白い衿のあるカットソーを衝動買いしてしまいました(苦笑)ムダ使いと呼んでくださいな。そして、花粉症だった友達は昼間の公園がかなり効いたらしく、調子が悪くなってきたということでここで分かれました。とってもお気の毒です。

そして、私も買い物が終わったらまっすぐ家に帰ろうと思っていたのですが、久しぶりに一人で銀座を歩いたのでなんだか楽しくてついフラフラと歩き回っていたら、丁度良く行くバーの近くまで来ていました。最初は「今日はまっすぐ帰るんだから」と自分に言い聞かせて店の前を通り過ぎたのですが、やっぱりちょっと一杯だけ・・・と戻ってしまいました。

そこのバーはだいたい一人で行くのですが、女性で一人で飲んでいる人はあまりいないようです。男性は多いんですけどね。結構人気のあるバーなので、金曜日などは滅多に入れません。タイミングが良ければ入れるかもと思って5~6回行ってみましたが、一度しか入ることが出来ませんでした。事前に電話で確認すればいいんですけどね~。

ここまでで結構長くなってしまったので、バーのお話は次回にします。っていうかいつまでこの話を引っ張ってるんだ?私。。。 でもでも楽しかったんだも~ん!!

ということでお付き合いくださいな。
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お花見へ行ってきました
2005/04/10(Sun)
お花見へ行ってきましたぁ!!

東京の桜の名所と言えば、上野公園、千鳥ヶ淵、新宿御苑、隅田川の川沿い・・・などいくつかありますが、私は日比谷公園に行きました。日比谷公園は桜の名所ではありませんが、ご飯を食べたりショッピングをするついでに時期がいいからお花見もしよう!ということで計画したので、そんな場所になりましたた f ^^;

待ち合わせが12時だったということもあって、とりあえず腹ごしらえをしようと良く行くタイ料理屋へ行きました。本当は帝国ホテルのバイキングで有名な「サール」というところへ行きたかったのですが、お花見シーズンと言うこともあり残念ながら予約が取れませんでした。また次回のお楽しみですね。

タイ料理屋のランチは土日関係無くいつもビッフェなのですが、ここの難点は種類がそれほど無いということですねぇ・・・。でもどれを食べてもおいしいんですよ(^^)タイ風焼きそばは、そぼろの卵と桜海老のほんのりとした甘味、砕いたナッツの風味がとても効いています。カレーにはココナッツが入っているらしく、色は薄いクリーム色で鶏肉と竹の子、ナスが入っています。私はこれも大好き♪それとベトナム料理で言う所のフォーもあります。このフォーの出し汁がとてもおいしい!今回はお変わりをしてしまいました(^^ゞ 最後に私はココナッツタピオカのデザートを食べて満腹の状態で花見へ出かけました。

行く前におやつを持って行こうと思い、銀座三越の前というとってもベタな集合場所だったということもあって斜め前のワッフル屋さんで友達とそれぞれワッフルを買っていきました。私は抹茶のワッフルに挑戦してみたのですが、味は・・・う~ん、プレーンの方が良かったかもです。普段食べたことの無い味にしてみようと思ったのがいけなかったんでしょうかねぇ??チョコレートとかイチゴ味なんかもあったので、次回はそっちにしてみようと思いました。

日比谷公園は普通の公園なので、噴水があったりテニスコートがあったり子供の遊び場があったりするのですが、桜だけでなく他の花も満開でした。パンジーにチューリップ、水仙など名前の知らない花もたくさん咲いていました。チューリップは赤紫色やピンク、黄色など色とりどりでしたが、一番のオドロキは「バラ」のような咲き方をしているチューリップを発見したことです。お花屋さんなどでも花びらの多いチューリップを見かけることがありますが、花だけを見るとバラにしか思えないほどの豪華さでした。ちょっと細長い花びらですが、花びらが全体にウヮ~っと手を広げたように咲いていて、思わず見入ってしまいました。

桜は一本だけ散り始めた木があって、風が吹くとフワフワフワ~、ヒラヒラヒラ~っと花の妖精がダンスをしているようで、思わず「うわぁ~綺麗だね~!」と声をあげていました。満開の桜も綺麗ですが、散りゆく姿も美しいなんて他の花では無いですよね~(^^)本当に綺麗だったぁ~!!

そしてその後銀座へ戻ってお気に入りのカフェに入りました。ここのカフェの紅茶はものごくおいしいです!!とりあえず、お話が長くなってしまうので続きはまた明日・・・
この記事のURL | 今日の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エミール・ガレ展へ行ったんだった・・・
2005/04/09(Sat)
3月の下旬に江戸東京博物館で開催されていた「エミール・ガレ展」へ行った時のことをお話しますね。

ガラス工芸は綺麗だし、ウットリしてしまいますよね(^^)ガレだけじゃなく、ドームもラリックも大好きです。ガレの美術展は今回が初めてじゃありません。以前にサントリー美術館で開催された時も観に行きました。あの時は、会社帰りに大急ぎでハァハァいいながら走ったんですよね~(苦笑)もともとサントリー美術館は小さい会場なのでゆっくり観ても1時間あれば十分なんですけど、たまたま金曜日は夜8時までやることを知って会社からダッシュで帰って一人で観賞してました。

今回の江戸東京博物館のガレ展は、年代ごとに展示されていたり、家具の展示が結構あったり、ランプも大きなものが20点ぐらいあったりとなかなか充実していたと思います。その中で2つ気に入った作品がありました。一つは花器なのですが、ちょっと細長い壷に両手で持てる取っ手がついているような形で、全体的にオレンジ色をしていて、蝶々がヒラヒラと飛び回っています。草花が一面に広がっていて、夏の夕暮れの風景なのか秋のそよ風の風景なのか・・・。

もう一つはフランスの薔薇という題名で、落ち着いた色の台の上に陰影のあるピンク色の半球形の器が乗っています。台の方には薔薇のつぼみがやさしく包み込むように配置されていて、器の方には可憐に咲いた薔薇の花が印象的に配置されています。

ガレといえば、模様が浮き出ているのが特徴ですよね。花器の方は、蝶々がやわらかに浮きでていますが、薔薇の方はつぼみも花もとても立体的だったので、まるでそこに本物の花が貼り付いているようでした。展示作品の中にはちょっと毒々しいものもあったり、妖艶な雰囲気のものもあったり、かわいらしいものもあったりと幅広く、ガレの表現力の豊かさに圧倒されました。

そして帰りにおみやげを衝動買いしてしました(笑)ガレの展覧会に行ったのに、ドームの壷の模様のタンブラーを買ってしまいました。花がたくさん散りばめられた柄に一目ぼれしてしまい、さすがに壷のレプリカは買えなかったので手頃なタンブラーでガマンガマン。。。
4月の半ばになるとあちこちで新しい展覧会が始まるので、また近いうちにどこかへ観に行こうっと!
この記事のURL | 展覧会のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小さなお茶会 その2
2005/04/08(Fri)
小さなお茶会の続きです。
全話をご紹介するのは難しいので、順番にピックアップしながらお話ししたいと思います。読み終わった後にホンワカとした気持ちになっていただけたら嬉しいな~(^^)

季節は冬、外は一面の雪景色。火の燈った暖炉で体を温めているもっぷが外を見ると、ぷりんが元気良く駆け回っています。もっぷはお茶の用意を始め、窓を開けてぷりんに「もうすぐお茶が入るよ」と声を掛けます。ぷりんはイキイキとした表情で「いい気持ちだからあなたも来たら?」と言いますが、もっぷは「春になったらね・・・」と気の無い返事。

お茶の準備に気を取られているもっぷの後ろからぷりんがニコニコしながら入ってきて、「目をつぶって手を出して」と言います。素直に手を出したもっぷは冷たくてビックリ!!。なんとそこには雪だるまならぬもっぷそっくりの「雪ねこ」が乗せられていたのです。二人はかわいい雪ねこを眺めながらのお茶会を始めます。そしてぷりんの「今度は私の雪ねこを作ってね」という言葉に素直にうなずくもっぷなのでした。

今はすっかり春模様なのでちょっと季節外れのお話ですが、小さなお茶会は秋から連載が始まっているので暫く冬のお話が続きます。このお話のミソは、家の中で寒さにちぢこまっているもっぷをぷりんがどうやって誘い出そうとするかですね。ぷりんはもっぷといっしょに雪を楽しみたいのです。でももっぷは寒い日には家の中でぬくぬくとしていたい。普通だったらどうするでしょう?きっといっしょに来て欲しいとストレートに話すか、強引に外へ連れ出そうとするのでは?ところがぷりんは雪ねこをもっぷに“プレゼント”したのです。「もっぷにそっくりな雪ねこ」というところがポイントですね。

ぷりんの愛情が注がれた雪ねこを受け取ったもっぷの心は、きっと春のように暖かくなったはずです。だからぷりんのお誘いにもイヤがらずに外へ出て行く気になったのでしょうね。ぷりんのすばらしいところは、「外に行くことは寒いだけじゃない、素敵なことがたくさん待っている。だからそれをあなたといっしょに感じたい」という気持ちをもっぷの立場になって伝えようとしていることです。

どんなに寒い冬の日だったとしても、こんな素敵なお誘いなら私もいつだって外へ出かけちゃうな~(^^)

次回はぷりんがお気に入りのカップを割ってしまうと・・・というお話です。
この記事のURL | 小さなお茶会のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アラビア語は難しい・・・
2005/04/07(Thu)
アラビア語の文字って、それこそミミズがくねくねと這っているようにしか見えない人が多いのではないでしょうか?ドコからドコまでが繋がっているのかさえサッパリ分からない・・・なんて思っている人のほうがほとんどなのでしょうね。

そもそも何故アラビア語を勉強してみようと思いついたかというと、あの不思議な文字に惹かれたからです。中国語、韓国語、英語、フランス語、ロシア語などもそれぞれ使う文字が違いますが、私たちの身近な言語の中で一番程遠い気がしたんです。それと、何千年も前から高度な文明が発達した国々で使われている言語だというのも興味を惹かれた点です。

どんな風につづられて、どんな風に伝承されていったのでしょうか?何千年も前に書かれたコーラン(イスラム教の教えが書かれた本)が現代でもそのまま読むことが出来て、普段の会話でも使われているというのは本当に素晴らしいことですね。普通は、その時代の流行語や風習などによって少しずつ変化していくものなのに、アラビア語は何千年も前から時間が止まっているのです。

NHKのテレビ語学講座でアラビア語を最初に取り上げたのは一昨年だったと思います。単発で短い間しか放送されなかったのですが、前から興味があったので、テキストも買って見ていました。去年の秋からは半年間放送され、先日最終回が終わったばかりです。この春からは土曜の朝6時に週一度だけ再放送されるようです。しかし土曜の朝6時って・・・(苦笑)もうちょっとなんとかならなかったのでしょうか??私は絶対起きられません!!

仕事の関係でうっかり見忘れた回が2度あったので、もう一度放送されるなら見たいと思っていたんです。でもちょっとこれじゃぁ無理かなぁ・・・なんてがっかりしていたのですが、4月と言えばすべての講座が始まる丁度良い時期だったんですよね。なのでラジオのアラビア語講座に乗り換えました(笑)

毎週番組を見ていたとは言え、丁度仕事が忙しい時期と重なっていたので基本的に文字を書いたり読んだりすることは全然出来ませんでした。ただただテレビを見ていただけという状態だったんです。でも、ラジオ講座はCDが発売されているので、テキストも買ってCDを聞きながら発音練習をしたり、一つ一つの文字の読み方を確認したりしています。私にとってはこちらの方法がピッタリだなって思っています。

必要に迫られてやっているのでは無いので、ゆっくりゆっくりマイペースに進めていこうと思っています。昔からモロッコに一度行ってみたかったので、将来モロッコへ旅行に行って現地の人たちと午後のお茶を楽しめたらいいなぁ~。
この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | TB(1) | ▲ top
夏日のところもありました
2005/04/06(Wed)
今日は本当に暖かかったですね。30度を超えて夏日だったところもあってビックリです。窓を閉めていたら、家の中よりも外の方が全然暖かいことに気が付いて、つい花粉のことも忘れて窓を開けてしまいました(笑)みなさんは「花粉症」大丈夫ですか?私はラッキーなことにまだなっていません。あとちょっと気をつけていれば今年も乗り越えられそうです(^^)

世の中ではお花見シーズンなので、あちこちでイベントや企画をしていますね。デパートに入ってもそうですけど、レストランもすごいです。実は今週末花見をするのでレストランの予約をしようと思ったら、どこのお店もお花見限定プランなどを企画していて、本命のお店はどれも予約でいっぱいと言われてしまい別の店に行くことになってしまいました。残念。この時期、考えることは皆同じということなのでしょうか?(笑)

ピアノの曲に「春の歌」というのがあります。軽やかで華やかで、まさに春の喜びを歌っている曲です。たしか、ドビッシーの曲だったと思います。私はピアノ曲の中ではリストという作曲家の曲が一番好きです。少し技巧的な気もしますが、モーツァルトとは違う意味で音を操っている気がします。ドビッシーの曲も好きなのですが、気質の違いというか・・・抽象的にしか説明できないのですが、リストの凛としたところが私にはとても心地良く感じます。

今週末の花見はまだまだしっかりと花が木に繋がっているので、満開の花に圧倒されることを期待しているのですが、もう少し時期をずらしてハラハラと落ちていく花びらを眺めているのも楽しいですよね。一度「花吹雪」という状態を体験したことがあります。昔からの題材で、恋に身を焦がす女性を描く時に散りゆく桜が描かれたりしますが、目の前で吹雪のように散っていく桜の中にいると一瞬別世界へ行ってしまいそうな気になります。とても不思議な気持ちが湧き上がって、自分がふっとどこかへ消えてしまうのでは・・・と思いハッとしました。

桜が散る時の雰囲気というのは、花が歌い踊るというよりももっと妖艶な気がするのは何故なんでしょうね?日本人独特の感情なのでしょうか?
こんな考えをめぐらせてしまうのも桜の不思議な力なんでしょうね。
この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小さなお茶会 その1
2005/04/05(Tue)
このブログを始める前、私の心にはトゲトゲがたくさんありました。自分でもどうしていいのか分からなくて、ぼんやりと何も無い場所を見ていました。その時に、ふっと大好きだったマンガのことを思い出しました。「えっ?マンガ???」なんて言って笑わないで下さいね。一度読めばそのすばらしさ、奥の深さを感じることができると思います。

午後のお茶会というタイトルも、そこから少し変えてつけたんです。マンガのタイトルは「小さなお茶会」といいます。猫十字社著、白泉社から出版されています。単行本はもう絶版になっていますが、去年復刻版が出版されています。単行本は7巻でしたが、4巻にまとめられました。とてもすばらしい内容で、何度読んでも飽きるということがありません。

内容は、日常のほのぼのとしたものがほとんどなのですが、「幸せ」ということを大切にして生きようという、やさしさに溢れた私の心のよりどころの一つです。この物語のことをこれからも少しずつお話して行きたいと思っています。簡単に話をご紹介しますね。擬人化された猫の夫婦。花のめ村に住んでいます。ご主人の名前は「もっぷ」奥様の名前は「ぷりん」。もっぷの職業は詩人、ぷりんは専業主婦です。もっぷはぷりんのことを「ぷりん奥さん」と呼んだりします。

最初の物語はこんな風に始まります。
夜、三日月が空に浮かんでいます。もっぷはいそいそと2つのティーカップをお盆に乗せて運び、次にレコードを用意します。そして二人掛けのテーブルにはお茶の用意が整い、音楽が流れ、もっぷはポットからカップにお茶を注ぎながら、うきうきとぷりんに声を掛けます。その横ではいくつものクッションを重ねた上にちょこんと座って本を読むぷりん。ぷりんが返事をした途端グラグラとクッションが揺れ始め、ころりとひっくり返ったぷりんの足がティーカップの中へ・・・。しょげながら、一度山のようなクッションの上に乗ってみたかったと話すぷりんに、もっぷは自分も山のようにクッションを積み上げてみたかったと言います。
そしてぷりんは山のように積み上げたられたクッションの上でニコニコとお茶を飲み、隣には同じく山のように積み上げたクッションの上に一輪の花が飾られ、一番下ではもっぷがぷりんを見上げながらお茶を飲んでいます。お月さまも笑っていました・・・

いかがでしたか?何がどうという内容では全然無いんです。第一話だけだと余計に分かりにくいかもしれませんね。文字だけだとチンプンカンプンに感じるかしら?でも、読み進めるとホッと心が和んで来て、暖かくなるんです。こんな本は他には見当たりません。この物語の話は、また次回もお付き合いくださいね。
この記事のURL | 小さなお茶会のこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
庭の草花
2005/04/04(Mon)
私の家には、小さいながらも庭があって四季折々の草花が咲いています。今年に入ってからデジカメをやっと買ったので、徐々にそれらもお見せできるようにしたいなぁって思っています。

最近暖かくなったからか、花の芽がグンと伸びてきました。まだまだ春には遠かった2月の始め頃から少しずつ芽は出ていたんです。こんなに寒いのにがんばって空に向かっていく姿はとても心が清々しくて、見る度ににっこりしていたものです。今はパンジーなども花が咲いているし、スイセンも既に3月から咲いています。

ところで、『シルコッキー』という花をご存知ですか?蘭の仲間なのですが、とても小さくて10センチぐらいにしかならならい小さな花です。3年前に、東京ドームで開催された「世界らん展」で衝動買いしたんです(笑)「初心者でも育てやすい」というのも理由の一つだったのですが、「香りがする」というのが最大の理由です。甘くてやさしい香りがフワッと広がって、なんとも幸せな気分になります。午後になると香りが飛んでしまうので、うっかりしていると一度も香りをかがずに花が終わってしまうなんてことになってしまうのですが、私の家の気候に合っていたらしく、3倍ぐらいに増えました。

今年は花が終わったら株分けをしようと思っています。あまりゆったりとした鉢に植えると増えないという不思議な花なので、少し小さめの鉢に分けるつもりです。花屋では2月に咲いていますが、東京辺りでは3月の下旬から4月上旬にかけて咲きます。丁度今の時期ですね(^^)
この記事のURL | お花のこと 2005 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
歌舞伎について
2005/04/03(Sun)
先月、中村勘九郎丈改め勘三郎丈の襲名が始まりましたね。私はスカパーの契約をしているので、LIVE放送を見ました。民放でも特集番組などを放送していたので、目にした方もいらっしゃると思います。私は「中村勘九郎」という名前が今まであまりにも馴染み過ぎていて、「勘三郎」と言われてもまだなんとなくピンとこない気がしています。

仁佐衛門丈の時もそうでした。私にとってその名前は「おじい様で、しゃがれた感じのとても味のある方」という印象が強くて、実は今でもちょっと違和感があるんです(苦笑)やはり最初に受けた時の印象が強烈に私の中に残っているのでしょうね。みなさん同じなのだろうと思いますが、歌舞伎役者の方々にとって襲名というのは、「今までの人生を更にステップアップすることを余儀なく求められる」というプレッシャーにさらされて、「出来て当たり前、出来なければ今後の人生台無し」みたいなギリギリの状態に追い込まれる人生の大きな節目なんでしょうね。

先月は、結局襲名披露公演に行くことが出来ませんでした。4月はどうかなぁ?なんとか時間を作って行きたいですね。なんてったって「中村屋」ですから、楽しい舞台なことは請け合いですよね(^^)

実は、去年は一度も歌舞伎を見に行っていないんです。多い時は、月に7~8回あちこちの劇場に足を運んでいたのですが・・・。別に自分の中でブームが去ったという訳ではないんですよ~。一度行かなくなると、どうしても他のことを優先してしまいがちになって足が遠のいてしまうんです。行ってしまえば楽しいことは間違いないのに、なぜなんでしょうね?不思議です。でも、近々行きたいですね。フラッと行ってみようかなぁ・・・
この記事のURL | 歌舞伎のこと | ▲ top
去年のお花見
2005/04/02(Sat)
気楽にやっていこうと思っているのですが、どうもイマイチ設定とかが良く分からなくて不安になりつつ書いています。どうも困っちゃったねって感じです。ハハハ・・・。慣れてしまえばどうってことはないのでしょうが、まだまだドキドキしながらあれこれと試している状態です。早く普通の内容にしたいなぁ~。

ぼそぼそとこんな話題ばっかりでは何ですので、一つ桜の話題でも・・・。東京は順調に開花していて、9日前後には満開になっているのではないでしょうか?楽しみです。去年は行くことが出来なかったのですが、一昨年はお花見をしました。10人近く集まって、夜桜宴会でした(笑)

デパートへ買いだしに行って、ワイン、トマトのサラダ、あとは何だっけ??忘れてしまいましたが、全部でスーパーの大きな袋に二つ分ぐらいあったと思います。ピクニックシートを引いてみんなで遠足のようでした。近くでやはり宴会をされていたグループの中に、音大卒業生らしきグループがあって、プロのような歌声に思わず声をかけ、図々しくもわざわざ私たちのグループに出張演奏に来ていただきました。みんな大拍手で、タダでいいもの見ちゃったよ~なんて大盛り上がりだったんです。めったに無い素敵な体験でした(^^)

ただ、どういうわけか当日だけものすごく寒かったんです。じっと座っていられずに固形燃料を大量に買ってみんなでちょっとした焚き火状態で小さくなって震えてました(笑)今となっては良い思いでです。

今年は友達と二人で優雅なお花見を予定しています。もちろん昼間に見に行きます!今年は暖かいようなので、きっと素敵なお花見ができるのではないかと期待しています。なんてったって当日のモットーは「優雅な花見」なんですから(笑)
この記事のURL | 思ったこと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はじめまして
2005/04/01(Fri)
前からずっと気になってたのですが、ブログを始めようと思いました。以前に歌舞伎に関するホームページを運営していましたので、もしかしたら名前を見て「あれ??」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ホームページは削除されていませんが(なぜなら、削除の仕方が分からないのです。トホホ・・・)更新も全然出来ないので、もっと気楽にやっていこうと思いこちらへ移動してきたというわけです。

ホームページの時も書いていましたが、歌舞伎を見た時は歌舞伎の話題、美術展に行った時は美術展の話題、デパートに買い物に行ったり散歩をしたり、庭に咲いている花の話題など気楽に書いていこうと思っています。

基本的には、私の日々をお披露目するだけなのですが、「こんなことが面白かったよ」とか「こんなものを発見しちゃったよ」「こんなこと知ってる?」という他愛も無い話を見ていただいて、ホンワカ、ほのぼの、心があたたかくなるようなゆったりとした時を過ごしていただきたいと思っています。

♪♪♪自己紹介をしますね♪♪♪

☆子供の頃からグリーティングカード、ポストカードを集めています。綺麗な模様や開くと花束が飛び出すようなカードを見つけると誰かに送るわけでもないのについ買ってしまいます。

☆舞台をよく観に行きます。一番行くのは歌舞伎です。最近は行っていませんが、多い時は月に7~8回行っていました。特定の役者を追いかけているわけではないんです。もちろんファンの役者さんはたくさんいますが、歌舞伎全体が好きなので観に行った時に出演されていればラッキー!!という感じです。

☆能、狂言、ミュージカルも時々観に行きます。ミュージカルは日本で見た回数よりも海外旅行の時に見た回数のほうが多いです。オペラ座の怪人、レ・ミゼラブル、キャッツ、ライオンキング、シカゴなど定番は観ました(^^)

☆花も大好きです。家の小さな庭にも四季折々の花が咲きます。家の中に花を飾ったりするのも楽しいですよね。いつかフラワーアレンジメントを習ってみたいと思っています。

☆美術、工芸などは全般的に好きです。絵は描くのも観るのも好きです。絵画の展覧会など月に1度ぐらいは観に行きます。あと、仏像も好きです。京都へ一人で旅行に行ったこともあります。仏像を観に(苦笑)

☆宇宙関係のテレビや本を読むのも好きです。テレビでも放送される時は必ずチェックします。

☆好きな音楽はクラシックとハードロック系です。主に洋楽を聞きます。なので、カラオケへ行って最近の曲を歌えと言われても全然ダメです。だからと言って洋楽の曲が歌えるわけでも無いんですけどね。

☆3DCGを作ることは何時間でも続けられます。一度作り始めると5~6時間はそのまま動かずに作り続けてしまいます。本職にするのが希望ですが、なかなか難しいですね~。

☆幼稚園の頃からピアノを習っていたので長難解な曲でなければ楽譜があれば弾けます。

☆最近アラビア語の勉強を始めました。前から興味があったのですが、ちょっとずつでもいいからちゃんと覚えていこうと思い、先月まではテレビの語学講座を見ていました。4月からはラジオの語学講座に切り替えて勉強しています。

こんなとりとめの無い私なので、毎回書く内容も一貫性が無いものばかりだと思いますが、これからもどうぞ気長にお付き合いくださいね(^^)
この記事のURL | 自己紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。